スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市左京区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

久多山の神・お弓

ページ番号25325

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2007年12月17日

月日:1月3日  場所:志古淵神社

久多山の神・お弓

 

 久多の山の神・お弓は,毎年1月3日に行われる志古淵(しこぶち)神社境内にある山の神の祠(ほこら)の祭です。代々,志古淵神社の氏子たちで形成される「宮座」によって伝承されています。

 「弓木(ゆみぎ)」と呼ばれるムラサキシキブの木を削って弓と矢を作り,「神殿(こうどの)」と呼ばれる二人が「エビ」と呼ばれる藁草履を履き,その年の恵方(えほう)の空に向かって,それぞれ一本ずつ矢を放ち,その後,的に向かってもう一本ずつ矢を射ます。

 由来は定かではありませんが,古文書によれば,18世紀前半には既に行われていたようです。

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。