スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

広沢池公園保存計画について

ページ番号270529

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年6月1日

広沢池公園保存計画について

 平成31年3月に広沢池及びその周辺について,本市有数の貴重な景観を守り,都市公園として維持管理を行うために,保存計画を策定しました。 

1 広沢池公園保存計画の内容

⑴  広沢池の保存管理の目標

 平安人も愛でた広沢池の歴史的景観や自然環境を守り,未来に伝える。

⑵  保存管理の基本方針

 広沢池を6つのゾーン(自然環境保全,眺望景観,池畔景観改善,景観活用,池畔植生管理,水面保全)に分け,ゾーンごとの保存管理方策をたて維持管理を行う。

⑶  今後の取組

 開園から概ね5年間で良好な保全管理に向けた改善を行い,以降は良好な管理状態を継続する。

2 経過 

 計画の策定にあたっては,平成30年度に地域住民や関係者の参加するワークショップを3回開催するとともに,平成30年10月から11月にかけてパブリックコメント(市民意見募集)を実施し,保存計画への反映を行いました。


広沢池公園保存計画(概要版)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 建設局みどり政策推進室

電話:075-222-4114

ファックス:075-212-8704

フッターナビゲーション