スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

「京のみどりのパートナー制度」平成30年4月23日京都新聞朝刊記載の記事についての京都市の見解

ページ番号236584

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年4月27日

「京のみどりのパートナー制度」平成30年4月23日京都新聞朝刊記載の記事についての京都市の見解

平成30年4月27日

建設局(みどり政策推進室 電話741-8600)

 

 京都市では,ヒートアイランド現象の緩和や良好な景観形成のため,市街地の緑化を推進しています。

 平成30年4月1日には,積極的に緑化に取り組む駐車場事業者を「京のみどりの駐車場パートナー」(以下「パートナー」という。)として協定を締結し,コインパーキングの緑化を推進しているところです。

 パートナーの皆様には,毎年,合計で100m2以上を駐車場で緑化していただき,100m2に満たない場合は,1m2当たり1万円を京都市の緑化事業(御池通スポンサー花壇事業等)へ協賛していただくなど,本市の市街地緑化の施策に御賛同いただき,御協力をいただくこととなっているものです。

 しかしながら今回の記事では「目標未達には『罰金』も」という見出しが掲載されており,本市としても大変困惑しているところです。

 あくまでも,パートナーの皆様には,本市の緑の施策に御理解いただき,御厚意により緑化を推進していただくものであり,「罰金」が生じるものでは決してありません。

 今後とも,積極的に緑化を進めていくために,お申し出いただいたパートナーの皆様と共に「緑の文化首都・京都」を目指してまいります。

お問い合わせ先

京都市 建設局みどり政策推進室

電話:075-222-4114

ファックス:075-212-8704

フッターナビゲーション