スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

緑化重点地区

ページ番号77126

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2010年3月24日


  「緑化重点地区」は,「緑の基本計画」の中で定めることが位置付けられており,緑豊かなまちづくりを推進するため,民有地緑化に対する助成のほか,公園緑地や街路樹の整備等を集中的に行う地区として,本市では平成18年4月に指定しました。
 

  「緑化重点地区」の区域については,法律や条例により緑化の義務が課せられている「風致地区」及び「歴史的風土特別保存地区」を除く市街化区域としていますが,近年地球温暖化対策やヒートアイランド対策が喫緊の解決すべき課題であり,また,風致地区内においても宅地開発が進んでいる中,これらの地区を含めた緑地の保全や緑化の推進がますます重要となってきています。

  このような状況を踏まえて,「緑化重点地区」の区域を市街化区域全体(約13,000haから約15,000ha)に拡大しました。

 「風致地区」等においても環境保全機能や防災機能を持つ公園緑地や街路樹を中心とした公共公益施設の整備を率先的に行い,併せて市域全体の緑被率の向上を図ります。

 

お問い合わせ先

京都市 建設局みどり政策推進室

電話:075-222-4114

ファックス:075-212-8704

フッターナビゲーション