スマートフォン表示用の情報をスキップ

水防事務組合

ページ番号6395

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年8月13日

○水防事務組合の概要

 京都市では,歴史的に水害の多発している市南部地域において,水災を警戒・防御し,水災による被害を最小限に押さえるため,隣接する自治体と共同して3つの水防事務組合を設立しています。

各水防事務組合の構成

組 合 名

桂川・小畑川

水防事務組合

澱川右岸

水防事務組合

淀川・木津川

水防事務組合

管理者

京都市長

京都市長

宇治市長

構成市町名

京都市

長岡京市

大山崎町

京都市

八幡市

久御山町

八幡市

京都市

久御山町

設立年月日

昭和40年6月7日

昭和40年6月17日

昭和43年4月1日

事務局

京都市役所

(土木管理課)

京都市役所

(土木管理課)

宇治市役所

堤防延長

9.7km

21.6km

25.5km

担当区域

住民数

約4万1千人

約3万9千人

約16万6千人

所属水防団

竹田

下鳥羽

横大路

納所・向島

淀・久御山・八幡

(5水防団)

久我

羽束師

長岡京・大山崎

(4水防団)

向島

(2水防団)

所属消防団

(なし)

(なし)

宇治市

城陽市

八幡市

久御山町

(4消防団)

団員数

(平成31年4月1日時点)

265名

310名

1,309名

水防訓練

水防事務組合区域図

 

 水防事務組合では,水防団を組織して水防協議会により策定した水防計画に基づき,水防活動を実施しています。

 

水防とは,水との闘いであるばかりでなく時間との闘いであると言われています。水防活動について最大の効果を発揮するためには,

 

1.平常時の綿密な計画と十分な準備

2.水防に関する情報の迅速・的確な把握

3.水防機関等に対して水防活動上必要な体制の確保

 

が必要です。

 

 水防事務組合では,水害が発生した場合に,的確に水防活動を行うことができるよう,毎年5月に水防訓練を実施しています。

 

 一方,雨期や台風シーズン中は降雨状況や河川水位の把握,警戒体制実施の判断等のために,河川情報センターの情報を活用し,水防体制の即応化にも努めています。

水防訓練

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 建設局土木管理部土木管理課

電話:075-222-3568

ファックス:075-212-3092

フッターナビゲーション