スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

腸管出血性大腸菌O157の感染予防及び感染性胃腸炎の集団発生予防に係る対応について

ページ番号253204

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年6月20日

腸管出血性大腸菌O157の感染予防及び感染性胃腸炎の集団発生予防に係る対応について

 本年5月,長岡京市において腸管出血性大腸菌(O157)の感染による死亡事例が発生しました。腸管出血性大腸菌感染症の予防及びまん延防止については,手洗いの励行や適正な嘔吐物等の処理が重要となります。また,感染性胃腸炎については,例年であれば4月以降,集団発生事案は減少してまいりますが,今年度は例年よりも早いペースで発生しており,今後も報告数が増加する可能性があります。
 つきましては,以下のとおり,腸管出血性大腸菌感染症の予防やまん延防止,合わせて感染性胃腸炎集団発生の防止について,お知らせします。

1  手洗いについて

 調理を行う前,食事の前,トイレに行った後,下痢等の患者の汚物処理やオムツ交換等を行った後(手袋をして直接触れないようにしていても)には必ず行いましょう。常に爪を短く切って,指輪等をはずし,石けんを十分泡立て,ブラシなどを使用して手指を洗浄します。すすぎは温水による流水で十分に行い,清潔なタオル又はペーパータオルで拭いてください。

2  嘔吐物・オムツ等の処理について

〇使い捨てのガウン(エプロン),マスクと手袋を着用し,汚物中のウイルスや菌が飛び散らないように,ふん便,嘔吐物をペーパータオル等で静かに拭き取ります。
〇拭き取った後は,次亜塩素酸ナトリウム※(塩素濃度約200ppm)で浸すように床を拭き取り,その後水拭きをします。オムツ等は,速やかに閉じてふん便等を包み込みます。
〇オムツや拭き取りに使用したペーパータオル等は,ビニール袋に密閉して廃棄します。(この際,ビニール袋に廃棄物が充分に浸る量の次亜塩素酸ナトリウム※(塩素濃度約1,000pm)を入れることが望ましいです。)

※腸管出血性大腸菌は,アルコール系や塩素系消毒薬で消毒できますが,感染性胃腸炎の原因ウイルス(ノロウイルス等)は,アルコール系の消毒薬が効きにくいため,塩素系消毒薬が効果的です。

(参考)

〇感染性胃腸炎の集団発生時又はまん延防止対策等の相談窓口について

相談窓口
部署名連絡先
 医療衛生センター(感染症対策担当) 746-7200
 北医療衛生コーナー366-6085
 上京医療衛生コーナー366-3748
 左京医療衛生コーナー354-5132
 中京医療衛生コーナー 366-8609
 東山医療衛生コーナー 354-5086
 山科医療衛生コーナー 634-8631
 下京医療衛生コーナー 354-5209
 南医療衛生コーナー 606-1325
 右京医療衛生コーナー 366-0115
 西京医療衛生コーナー 748-9058
 洛西医療衛生コーナー 874-2275
 伏見医療衛生コーナー 574-7170
 深草医療衛生コーナー 644-9105
 醍醐医療衛生コーナー 644-6324

〇近年の感染性胃腸炎の集団発生件数

平成31年度 23件(5月30日時点)
平成30年度 36件
平成29年度 36件
平成28年度 49件
平成27年度 33件
平成26年度 46件

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室介護ケア推進課

電話:075-213-5871

ファックス:075-213-5801

フッターナビゲーション