スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

介護型ヘルプサービスの対象となる「自立生活支援・重度化防止のための見守り的援助」の取扱いについて

ページ番号220695

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年6月11日

介護型ヘルプサービスの対象となる「自立生活支援・重度化防止のための見守り的援助」の取扱いについて

 京都市介護予防・日常生活支援総合事業実施要綱第3条第1項第1号ア(ア)に規定する介護型ヘルプサービスについては,身体介護又は身体介護と併せて提供する生活援助としており,身体介護及び生活援助の区分は,平成12年3月17日厚生省老人保健福祉局老人福祉計画課長通知老計第10号(以下「老計10号」とする。)「訪問介護におけるサービス行為ごとの区分等について」の例によることとしております。この老計10号については,平成30年3月30日に例示を追加した一部改正の通知が発出されていますので,改めてお知らせいたします。(平成30年4月1日から適用)

 介護型ヘルプサービスの対象となる「自立生活支援のための見守り的援助」は「自立生活支援・重度化防止のための見守り的援助」となり,その取扱いは添付ファイルのとおりですので,適正に取り扱っていただきますようお願いします。

介護型ヘルプサービスの対象となる「自立生活支援・重度化防止のための見守り的援助」の取扱いについて

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

【参考資料】介護保険最新情報Vol.637 「訪問介護におけるサービス行為ごとの区分等について」の一部改正について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

保健福祉局 健康長寿のまち・京都推進室 介護ケア推進課
電話:075-708-8087
ファックス:075-708-8835

フッターナビゲーション