スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

犬猫等のペットへのタバコや化学物質の影響に注意しましょう

ページ番号212352

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年12月13日


 タバコの副流煙は人だけでなく一緒に暮らす犬や猫の健康にも悪影響を与える可能性があります。受動喫煙の害に気をつけてください。

 消臭剤,殺虫剤などの化学薬品にも注意して,犬や猫の近くで使用することは控えましょう。また,スプレーなどをまくと下に溜まりますので,換気を良くするようにしましょう。犬や猫は壁紙の接着剤など,いわゆるシックハウス症候群の原因物質になるようなものに対しても敏感です。これらの化学物質は,嗅覚の鋭い犬や猫には想像以上のストレスとなる可能性があります。

 (環境省「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」より)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

保健福祉局 保健衛生推進室 医務衛生課
TEL:075-222-4271
FAX:075:213:2997

フッターナビゲーション