スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

生活困窮者就労訓練事業の認定等に関する届出(認定,廃止,変更等)

ページ番号181481

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年1月28日

生活困窮者就労訓練事業の認定等について

 平成27年4月から施行される生活困窮者自立支援制度において,生活困窮者就労訓練事業が創設されました。

 本事業は,事業所が自治体から認定を受けて,生活困窮者に就労の機会を提供するものです。

 一般就労に就くうえで,まずは本人の状況に応じた柔軟な働き方をする必要があると判断された方に対し,適切な配慮のもと,就労の機会を提供しつつ,就労に必要な知識の習得,能力の向上に向けた訓練及び生活支援等を行う事業です。

 本事業を行うに当たっては,事業所ごとに京都市長の認定を受けることが必要です。認定申請に当たっては,以下の内容及び厚生労働省が示すガイドラインを順守していただきます。

認定の手続

1 法第16条に基づく就労訓練事業の認定を受けようとする者(以下「申請者」という。)は,規則第20条に定める様式に基づく申請書(様式1)を,京都市長に提出すること。

2 申請書には,次に掲げる書類を添付すること。

(1) 就労訓練事業を行う者の登記事項証明書

(2) 就労訓練を行う建物等の平面図及び写真

(3) 事業所概要や組織図など事業の運営体制に関する書類

(4) 貸借対照表,収支計算書,予算書等の申請者の財政的基盤に関する書類

(5) 就労訓練事業を行う者の役員名簿

(6) 誓約書(様式2)

(7) その他市長が必要と認める書類

 ただし,社会福祉法人,消費生活協同組合等については,⑴~⑸を省略することができるものとする。

認定の対象

 就労訓練事業の認定は,事業所ごとに行うものとする。ただし,認定制度の趣旨に鑑み,別々に認定を行う必要性が乏しいと判断される場合(農産物の生産・加工・販売が一体的実施されているなど)は,一括して認定を行って差し支えないこととする。

認定の基準

1 就労訓練事業を行う者に関する要件

(1) 法人格を有すること。

(2) 就労訓練事業を健全に遂行するに足りる施設,人員及び財政的基礎を有すること。

(3) 自立相談支援機関のあっせんに応じ利用者を受け入れること。

(4) 就労訓練事業の実施状況に関する情報の公開について必要な措置を講じること。

(5) 次のいずれにも該当しない者であること。

 ア 法その他の社会福祉に関する法律又は労働基準に関する法律の規定により,罰金以上の刑に処せられ,その執行を終わり,又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者

 イ 就労訓練事業の認定の取消しを受け,当該取消しの日から起算して5年を経過しない者

 ウ 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員若しくは暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者(以下この号において「暴力団員等」という。)がその事業活動を支配する者又は暴力団員等をその業務に従事させ,若しくは当該業務の補助者として使用するおそれのある者

 エ 破壊活動防止法(昭和27年法律第240号)第5条第1項に規定する暴力主義的破壊活動を行った者

 オ 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第1項に規定する風俗営業又は同条第5項に規定する性風俗関連特殊営業に該当する事業を行う者

 カ 会社更生法(平成14年法律第154号)第17条の規定に基づく更生手続開始の申立てが行われている者又は民事再生法(平成11年法律第225号)第21条第1項の規定に基づく再生手続開始の申立てが行われている者

 キ 破産者で復権を得ない者

 ク 役員のうちにアからキまでのいずれかに該当する者がある者

 ケ 上記のほか,その行った就労訓練事業(過去5年以内に行ったものに限る。)に関して不適切な行為をしたことがある又は関係法令の規定に反した等の理由により就労訓練事業を行わせることが不適切であると認められる者

 

2 就労等の支援に関する要件

 利用者に対し,就労の機会を提供するとともに,就労等の支援のため,次に掲げる措置を講じること。

(1) (2)に掲げる利用者に対する就労等の支援に関する措置に係る責任者を配置すること。

(2) 利用者に対する就労等の支援に関する措置として,次に掲げるものを行うこと。

 ア 利用者に対する就労等の支援に関する計画を策定すること。

 イ 利用者の就労等の状況を把握し,必要な相談,指導及び助言を行うこと。

 ウ 自立相談支援機関その他の関係者と連絡調整を行うこと。

 エ アからウまでに掲げるもののほか,利用者に対する支援について必要な措置を講じること。

 

3 安全衛生に関する要件

 利用者(労働基準法第9条に規定する労働者を除く。)の安全衛生その他の作業条件について,労働基準法及び労働安全衛生法の規定に準ずる取扱いをすること。

 

4 災害補償に関する要件

 就労訓練事業の利用に係る災害(労働基準法第9条に規定する労働者に係るものを除く。)が発生した場合の補償のために,必要な措置を講じること。

生活困窮者就労訓練事業を行う事業者に関する随意契約の取扱について

 生活困窮者就労訓練事業所として認定を受けた者のうち,地方自治法施行令第167条の2第1項第3号の規定により,「生活困窮者の自立の促進に質するもの」と認定した事業所については,随意契約の取扱いが可能となります。

生活困窮者就労訓練事業を行う施設との随意契約締結基準

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局生活福祉部生活福祉課

電話:075-251-1175

ファックス:075-256-4652

フッターナビゲーション