スマートフォン表示用の情報をスキップ

自立支援教育訓練給付金事業

ページ番号205783

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年7月25日

自立支援教育訓練給付金とは?

(1)目的

  母子家庭の母又は父子家庭の父(以下「ひとり親家庭の親」という。)の主体的な能力開発の取組を支援するため,教育訓練講座を受講するひとり親家庭の親に対し給付金を支給し,自立の促進を図ることを目的としています。

(2)支給要件

  市内に居住するひとり親家庭の親で,次の要件のすべてに該当する方

  • 20歳未満のお子さんを扶養していること。
  • 児童扶養手当の支給を受けているか,又は同様の所得水準にあること。
  • 給付を受けようとする者の就業経験,技能,資格の取得状況や労働市場の状況などから判断して,教育訓練講座を受講することが適職に就くために必要であると認められるものであること。
  • 過去に教育訓練給付金を受給していないこと。
  • 同一の講座について,高等職業訓練促進給付金の給付を受けていないこと。

(3)対象講座

  雇用保険制度の一般教育訓練給付金の指定教育訓練講座

(4)支給額等

  対象講座の受講のために本人が支払った入学金及び受講料の6割に相当する額(上限20万円,下限1万2千円)

  ただし,雇用保険制度から一般教育訓練給付金の支給を受けることができる方は,その支給額との差額になります。

支給を受けるには

まずは事前に講座指定申請を!

 必ず受講開始前に,次の書類をお持ちのうえ,受講しようとする講座について,講座指定申請をお住まいの区の区役所・支所保健福祉センター子どもはぐくみ室(京北地域の方は京北出張所)で行ってください(申請書は区役所・支所にあります。)。

  • 申請者のマイナンバーが分かるもの
  • 受講しようとする講座のパンフレット等

  (生活保護を受給している方)

     ・ 生活保護受給証明書

  (児童扶養手当を受給していない方)

     ・ ひとり親家庭の親及びその児童の戸籍謄本

     ・ 世帯全員の住民票の写し

 ※ 受講申込前に,受講しようとする講座のパンフレット等をご持参のうえ,ご相談ください。

講座が修了したら

 講座修了後1箇月以内に,次の書類をお持ちのうえ,支給申請をお住まいの区の区役所・支所保健福祉センター子どもはぐくみ室(京北地域の方は京北出張所)で行ってください(申請書は区役所・支所にあります。)。
  • 申請者のマイナンバーが分かるもの
  • 対象講座指定通知書(講座指定申請時に対象講座と認定した際の通知文書)
  • 教育訓練施設の長が発行した教育訓練修了証明書
  • 教育訓練施設の長が発行した教育訓練経費についての領収書

 (雇用保険法による一般教育訓練給付金が支給されている方)

     ・ 教育訓練給付金(一般教育訓練)支給・不支給決定通知書

 (生活保護を受給している方)

     ・ 生活保護受給証明書

 (児童扶養手当を受給していない方)

     ・ ひとり親家庭の親及びその扶養している児童の戸籍謄本

     ・ 世帯全員の住民票の写し

自立教育訓練給付金事業について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

フッターナビゲーション