スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

京都市歴史資料館 テーマ展 京の古今をめぐる―京都市歴史資料館名品展Ⅰ―

ページ番号250886

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年5月22日

テーマ展「京の古今をめぐる―京都市歴史資料館名品展Ⅰ―」


  京都市歴史資料館は昭和57(1982)年に開館以来,数多くの古文書・美術工芸品・歴史資料・民俗資料を収集し,京都の歴史に根ざした特色あるコレクションを形作ってきました。その多くは,市民・団体の皆様から御寄贈・御寄託をいただいたもので,古くから続く旧家や地域の人々が大切に守り伝えてきたものや,京都の歴史に深い関心を抱く方々が熱心に収集してこられたものばかりです。京都を舞台に活躍した人物や歴史上の出来事から,育まれてきた文化や人々の暮らし,時代の世相まで,生きた京都の歴史を現在に伝える貴重な資料です。

 当館ではこうした収蔵資料の中から,歴史資料館の視点で選んだ名品を紹介する「京都市歴史資料館名品展」を開催することなりました。第1回目は「京の古今をめぐる」と題して,室町時代から明治時代にかけての京都の歴史の多様性を映し出した名品を取り上げ,寄贈者・寄託者のまとまりごとに展示します。

展示品(総数約30点)の一例

若宮八幡宮社関係資料


足利将軍参詣絵巻(部分)

燈心文庫(とうしんぶんこ)

 千利休書状

 円山応挙書状

馬場家文書(ばんばけもんじょ)

 蒸気舩之図

 黒船浦賀来航図

奥村家当道座(とうどうざ)関係資料


織田信長朱印状

  平家琵琶[相應・千鳥]

岩倉具視関係資料


岩倉公旧蹟春秋図

  叢中有鳴虫(そうちょうゆうめいちゅう)

  岩倉具視書「君が代」

古舘三徳(ふるたちみのり)氏旧蔵文書

  御祖神社見取之図(みおやじんじゃみとりのず)          

     

会期   平成31年4月26日(金曜日)~令和元年7月23日(火曜日)

        休館日  月曜日・祝日

会場  京都市歴史資料館 1階展示室   入館 無料

 

展示解説 (学芸員が展示物を紹介しながら解説します)

     令和元年 5月22日(水曜日)

            6月2日(日曜日),6月12日(水曜日),6月21日(金曜日)

            7月18日(木曜日)

                 ☆いずれも午後2時から30分程度で,事前申込は不要です。

 


 

お問い合わせ先

京都市歴史資料館 電話:075-241-4312 ファックス:075-241-4012

フッターナビゲーション