スマートフォン表示用の情報をスキップ

住民票コード通知書の再交付について

ページ番号152531

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年8月4日

住民票コード通知書の再交付について

  • 住民票コードとは,全国の市町村の住民基本台帳をネットワーク化した住民基本台帳ネットワークにおいて全国共通の本人確認を行うために必要な番号で,無作為に作成された11けたの数字で構成されています。
  • 日本人については平成14年8月,外国人住民については平成25年7月に付番され,お住まいの市区町村から通知書が送付されています。
  • 通知書を紛失されたこと等により,御自分の住民票コードが分からない場合は,再交付を申請していただけます。

1 申請先

お住まいの住所地を管轄する区役所,支所の市民窓口課及び出張所

※ 住所地以外の区役所,支所,出張所及び証明書発行コーナーでは申請できません。

2 申請できる方

(1)本人

(2)同一世帯員

※ 申請時点で京都市に住民票がある方に限ります。

※ 本人又は同一世帯員以外の方が申請を行う場合は,本人からの委任状が必要となります。

※ 代理人による申請の場合は,通知書を窓口でお渡しすることはできません。本人の住所地あてに郵送させていただきます。(送料は自己負担となりますので,84円切手を貼付した封筒をご用意ください。)

3 必要なもの

・請求される方(来庁者)の本人確認書類(運転免許証,パスポート等)

・代理人が申請される場合は,委任状と84円切手を貼付した封筒(本人の住所地あてに郵送します。)

4 手数料

無料

5 その他

  • 住民票コードは,住民基本台帳法で規定された行政事務の処理についてのみ,利用が認められています。また,民間の機関が住民票コードの告知を要求することは禁止されています。違反した場合は懲役刑を含む罰則が科されることがあります。
  • 住民票の写しの発行にあたっては,原則として,住民票コードは省略されます。必要な場合は,窓口でお申し出ください。

住民票コード通知書再交付申請書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

 

詳しくは,各区・支所市民窓口課,出張所へお問い合わせください。  

 

住民票コード通知書再交付に関する一般的なお問い合わせは,いつでもコールやFAQも御利用ください。

よくある質問FAQ外部サイトへリンクします

いつでもコール:075-661-3755 (年中無休 朝8時~夜9時)

 

このホームページに関するお問い合わせ

京都市役所文化市民局地域自治推進室市民窓口企画担当

電話:075-222-3085 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

フッターナビゲーション