東大路通整備構想

ページ番号126729

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年8月24日

 東山地区は,豊かな文化財や優れた庭園をもつ寺院・神社が多く集まり,四季を通じて多くの観光客が訪れる歴史と文化の薫る国際文化観光都市・京都を代表する地区です。

 この東山地区を南北に縦貫する東大路通は,東山区民の生活道路として,また,観光ルートとして多数の人や車が行き交う道路であり,京都の中でも重要な道路のひとつとなっています。しかし,東大路通の現状は,安心・安全で快適に歩行できる道路空間になっていません。

 「歩いて楽しい東大路」の整備は,平成22年1月に策定した「「歩くまち・京都」総合交通戦略」でシンボルプロジェクトに位置付けています。

 この整備構想は,地元の皆様をはじめ,市民の皆様から頂いた御意見を参考に,「人と公共交通優先」の東大路通の整備に向け,解決すべき課題やその考え方をまとめたものです。

東大路通整備構想

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局歩くまち京都推進室

電話:075-222-3483

ファックス:075-213-1064