スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都高速道路について

ページ番号99556

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年3月25日

油小路線

 油小路線は,国道1号や国道24号などの京都市南部地域における幹線道路の慢性的な交通渋滞を緩和するとともに,南部市街地の骨格として機能することにより,京都市の都市活動の発展と活性化を促すものとして,平成5年3月に都市計画決定されました。京都市伏見区深草西川原町から京都市伏見区向島大黒までの7.3キロメートル,4車線の自動車専用道路です。
 油小路通の中央分離帯を活用した高架構造になっており,開発が期待される「高度集積地区」の基幹道路としての役割を担うものです。

 上鳥羽出入口~第二京阪道路間(5.5キロメートル)については,阪神高速道路株式会社が事業主体となって整備を進め,第二京阪道路の一部(0.9キロメートル)と合わせ,平成20年1月19日土曜日午後3時に開通しました。

 鴨川東出入口~上鳥羽出入口間(1.9キロメートル)については,京都市と阪神高速道路株式会社とで整備を進め,平成23年3月27日午後3時に開通しました。

油小路線(上鳥羽~第二京阪道路)

写真 阪神高速道路株式会社提供 平成20年1月撮影

油小路線(鴨川東~上鳥羽)

写真 平成23年3月撮影(鴨川西出入口)

新十条通

 新十条通は,京都市南部地域と東部地区を結ぶ幹線道路の交通混雑を緩和し,山科地域はもちろん,市域一体となった発展に寄与するものとして昭和62年8月に都市計画決定されました。
 京都市山科区西野山桜ノ馬場町から京都市伏見区深草西川原町までの2.8キロメートル,4車線の自動車専用道路です。
 構造は,東山連峰(稲荷山)の景観保全やルート周辺住宅地の環境保全を考慮して90%をトンネルとしています。
 この路線については,阪神高速道路株式会社が事業主体となって整備を進め,平成20年6月1日午後5時に開通しました。
新十条通

写真 平成20年6月撮影(山科出入口)

外部リンク

お問い合わせ先

京都市 建設局道路建設部道路建設課

電話:075-222-3577

ファックス:075-213-0559

フッターナビゲーション