現在位置:

北大路橋の補強・修景工事 (平成20年7月31日完成)

ページ番号76789

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2010年5月24日

 京都市では,架橋以来70有余年を経て老朽化した北大路橋について,大地震時にも緊急輸送道路としての機能を果たせるよう,耐震補強・補修工事を実施するとともに,「明日の鴨川の橋を考える会 提言」を踏まえ,その最初の取組として,架橋時の灯籠照明の復元や憩いの空間である眺望バルコニーの設置などの修景施設を整備しました。

橋梁概要

(1)架橋 昭和8年

(2)橋長 96.6メートル

(3)幅員 22.1メートル

事業概要

工事内容

(1)耐震補強・補修工事

  地震時の落橋防止装置設置

  コンクリート製床版の補修工事

  鋼製桁の補修工事

(2)修景工事

   戦時中供出された灯籠照明の復元

   橋上の眺望バルコニーの設置

   架橋当時からの石製高欄の洗浄・再利用 等

事業箇所

京都市左京区下鴨上川原町~京都市北区小山下内河原町

事業費

約5億5,000万円

事業年度

平成16年度~20年度

工事前の北大路橋です。


工事前の北大路橋です。


完成した北大路橋です。


完成した北大路橋です。

お問い合わせ先

京都市 建設局道路建設部道路建設課

電話:075-222-3577

ファックス:075-213-0559