スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

バイオマス活用の推進

ページ番号99835

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年4月3日


 京都市では,「京都市バイオマス活用推進計画(京都市バイオマスGO!GO!プラン)」及び「京都市バイオマス産業都市構想」を策定し,バイオマスの活用を積極的に推し進め,環境にやさしく災害に強い低炭素社会・循環型社会の構築を目指しています。

京都市バイオマス産業都市構想

バイオマス産業都市に選定されました!

 国の平成29年度「バイオマス産業都市」へ応募し,平成29年10月に選定されました。

http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/bioi/171003.html外部サイトへリンクします

構想の概要

 「京都市バイオマス産業都市構想」は,京都市バイオマスGO!GO!プランに基づく,本市内で展開するプロジェクト事業について具体的に示す実施プログラムです。

1 目指す将来像

 豊かな森林資源,伝統文化,進取の気性など,京都のまちがもつ「市民力」や「地域力」を結集し,「自然環境と共生してきた文化,こころ」を大切にしながら,バイオマスの活用を積極的に推し進め,

Ⓐ 農林業の振興と北部山間地域の活性化
Ⓑ 都市部のバイオマスの有効利用
Ⓒ 先端技術を活用した廃棄物系バイオマスのエネルギー利用

により,「環境にやさしく災害に強い低炭素社会・循環型社会」の構築を目指します。

2 事業化プロジェクト

 将来像の実現に向けて,次のプロジェクト事業に取り組みます。

 (1) 食の循環プロジェクト      
 (2) バイオガスプロジェクト     
 (3) 下水バイオマス活用プロジェクト 
 (4) せん定枝の分別・リサイクルプロジェクト
 (5) 「都市油田」発掘プロジェクト
 (6) バイオディーゼル燃料プロジェクト
 (7) 森林バイオマス活用プロジェクト
 (8) 先端技術連携プロジェクト

3 数値目標

  京都市内に存在するバイオマスの利用の度合いを示す「バイオマスの総利用率」を,2020(平成32)年度には55%まで高めることを目標とします。

  《実績》 平成27年度 52% ⇒ 《目標》 平成32年度 55%

 上記のプロジェクトの主旨に賛同し参画いただける事業者を募集していますので,希望される方がおられましたら,まずは,地球温暖化対策室(075-222-4555)までご相談ください。

 なお,バイオマス産業都市に関する国の施策については,こちら外部サイトへリンクしますを参照ください。

京都市バイオマスGO!GO!プラン~京都市バイオマス活用推進計画(2011-2020)


 1 計画の目的

 この計画では,京都市内に存在するバイオマスの活用により,

 <1> 環境負荷の少ない持続的社会の実現

 <2> 農林業の振興をはじめとする地域の活性化

 <3> バイオマス活用を軸にした新しいライフスタイルの定着

を図るための道筋を示します。

2 計画期間

 2011(平成23)年度から2020(平成32)年度までの10年間

3 目指す未来像~自然環境を気遣う「環境にやさしいまち」の実現を目指して~

 豊かな森林資源,伝統文化,進取の気性と創造の力など,京都のまちがもつ「市民力」や「地域力」を総結集し,バイオマスの活用を積極的に推し進めることで,長期的(2050(平成62)年度まで)には再生可能資源を基盤とする未来を視野に入れ,最初の10年間で,自然環境を気遣う「環境にやさしいまち」の実現を目指します。

4 未来像の実現に向けたわたしたちの役割

 市民・団体と事業者の皆さんには,日々の暮らしと事業活動におけるバイオマスの活用を進めていただくとともに,行政(京都市)は皆さんのコーディネート役としての役割を果たしつつ,自らもバイオマスの活用の取組を進めていきます。

 また,京都は国際文化観光都市であることから,より一層バイオマスの活用を推進するためには,観光客の皆さんにもその取組に参加していただくことが必要です。

5 数値目標

 京都市内に存在するバイオマスの利用の度合いを示す「バイオマスの総利用率」を,2020(平成32)年度には55パーセントまで高めることを目標とします。

  《実績》 平成20年度 39% ⇒ 《目標》 平成32年度 55%

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286

フッターナビゲーション