「環境モデル都市・京都」

ページ番号56642

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年2月28日

環境モデル都市行動計画について

 

京都市環境モデル都市行動計画はここからダウンロードできます。

平成21年1月23日,京都市は,国から「環境モデル都市」に選定されました!

 私たちの便利で,快適な生活は,電気,ガス,ガソリンなどのエネルギーを多量に消費することで成り立っています。エネルギーを使用することによって排出される二酸化炭素には,気温を上げる働き(温室効果)があります。

 二酸化炭素は,人間の活動に伴って排出される一方で,森林や海に吸収されますが,現在,排出される量のほうがはるかに多いことから,大気中の二酸化炭素濃度は増加の一途をたどっています。

 世界の平均気温は,1900年からの100年間で約0.74℃上昇しました。現在の生活,経済を続けると,2100年までに約4.0℃上昇することになります。(京都の気温が,現在の種子島と同じに程度になります。)

 地球温暖化が進行すると,

  • 海面の上昇(陸地・海岸の消失)
  • 洪水など(熱帯性低気圧の勢力が大きくなる)
  • 農業への影響(農産物の減産,様変わり)
  • 健康への影響(マラリアなど感染症の広がり)

などが生じることとなります。地球温暖化によるこれらの重大な影響を避けるためには,世界全体で温室効果ガス排出量を削減しなければなりません。

 温室効果ガスを大幅に削減する社会――低炭素社会――の実現に向け,高い目標を掲げて先駆的な取組にチャレンジする都市「環境モデル都市」です。

 このたび,平成21年1月23日に,本市はこの「環境モデル都市」に選定されました。同日に首相官邸で開催された「環境モデル都市」認定証授与式に門川市長が出席し,「環境モデル都市認定証」の授与を受けました。

環境モデル都市認定証

環境モデル都市認定証

「環境モデル都市」

 現在,環境モデル都市は13市区町村が選定されています。

<大都市>
京都市
,横浜市,北九州市,堺市,千代田区

<地方中心都市>
帯広市,富山市,飯田市,豊田市

<小規模市町村>
下川町(北海道),水俣市,檮原町(高知県),宮古島市

 

目標

 将来に向けた温室効果ガスの大幅な削減目標として,2030年までに1990年レベルから40%削減2050年までに60%削減とする中長期目標を設定しました。

 また,長期的には温室効果ガスを「削減する」ことに留まらず,「排出しない」という観点に立って,「カーボン・ゼロ都市に挑む」ことを基本姿勢としています。

取組内容

 削減目標の達成に向けて,次の6つの方向性の下,京都市の特性,地域力,知的資源を活かし,総合的な取組を進めていきます。

(1)歩くまち・京都

(2)景観と低炭素が調和したまちづくり

(3)環境にやさしい低炭素型のライフスタイルへの転換

(4)イノベーションをはじめとした低炭素型経済・生産活動の発展

(5)再生可能エネルギー資源の徹底的活用

(6)市民環境ファンドの創設

シンボルプロジェクト

 車優先から公共交通優先への転換,伝統的建築を活かした環境負荷の少ない建物やまちづくりなどの「低炭素型まちづくり」と,季節感を大切にする生活,「打ち水」「しまつの心」「門掃き」など伝統的な知恵を生かした,新しい「京都流ライフスタイル」への変革や技術革新(イノベーション)に的を絞った,大胆な削減に向けた取組の第一歩です。

ア 人が主役の道づくり,まちづくりを目指す「歩くまち・京都」戦略

○モビリティ・マネジメント施策の継続と拡大
○トランジットモール化と周辺の自動車流入抑制
○高機能バスのモデル的運行

イ 「低炭素景観の創造」を目指す「木の文化を大切にするまち・京都」戦略

○「CASBEE京都」の策定と低炭素建築物認証制度の創設
○「低炭素景観ハイブリッド型住宅(平成の京町家)」のモデル建設
○市内産木材利用(地産地消)の促進
○「新景観政策」よる低炭素型まちづくり

ウ 「DO YOU KYOTO?」ライフスタイルの転換と技術革新

○廃棄物を徹底的に活用したエネルギー創出事業
○エコポイントとカーボン・オフセットによるエコ活動市民参加の仕組みづくり
○2R(リデュース・リユース)型エコタウンづくり
○エコサポーターなどによる「エコ町内会」「エコ学校」「エコ企業」づくり

市民会議

 シンボルプロジェクトについては,「市民会議」を設置し,市民の皆様と一緒になって考え,行動につなげていく取組を進めています。

  • 「『歩くまち・京都』総合交通戦略策定審議会(『歩くまち・京都』市民会議)」
  • 「『木の文化を大切にするまち・京都』市民会議」
  • 「環境にやさしいライフスタイルを考える市民会議」

「環境モデル都市行動計画」 ご意見募集

 「環境モデル都市行動計画」について,市民の皆さまからのご意見をお待ちしております。いただいたご意見は,取組の推進などに活用させていただきます。ご意見は以下の方法にてお寄せください。

○郵送
〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル3階
京都市 総合企画局 地球温暖化対策室 「環境モデル都市」担当

○ファクシミリ
075-211-9286

○電子メール
件名を「環境モデル都市への意見」としていただき, ge@city.kyoto.jp へ送信してください。

 

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286