スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

卒煙(禁煙)お役立ち情報

ページ番号234048

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年4月4日

  

 たばこの煙には,約5,300種類の化学物質が,その中には約70種類の発がん性物質が含まれています。

 たばこが健康に悪影響であることは周知の事実ですが,たばこをやめるのは簡単ではありません。

 それは意思が弱いせいではなく,たばこの煙に含まれているニコチンによる「ニコチン依存症」のせいです。

 

 「禁煙」というと,「大変なこと」「難しいこと」というイメージはありませんか。

 医療機関での禁煙治療や,薬局で購入できる禁煙補助薬を使えば,卒煙を楽にすることができると言われています。

 「卒煙」をめざして,以下の方法を試してみませんか。

1 禁煙外来を受診する

1 禁煙外来の対象

禁煙外来は保険適応の対象になります。次の条件に当てはまるか確認してみましょう。

1 直ちに禁煙を始めたいと思っている

2 ニコチン依存症の診断テストで5点以上

ニコチン依存症の診断テスト

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

3 1日の平均喫煙本数×喫煙年数=200以上(35歳未満はこの要件は不要です)

4 禁煙治療を受けることに同意できる

2 禁煙治療の流れ

禁煙外来は,12週間に5回受診します。

最初の診察でニコチン依存症であることの確認や検査を行い,必要であれば禁煙補助薬が処方されます。

その後,毎回禁煙のアドバイスを聞いたり,禁煙に関する相談ができます。

3 禁煙外来にかかる費用

 保険適応で約1万3千円~2万ほどです(8~12週間の治療)

 たばこ代と比べてみてください。

 また,卒煙することで健康な身体やお金だけではなく,気分の爽快感や自由な時間など,いろいろなものを得ることができます。

4 禁煙外来を探す

2 禁煙支援薬局を利用する

身近な薬局で,禁煙支援を受けることができます。

禁煙補助薬を利用することで,ニコチンの離脱症状を押さえることができ,比較的楽に卒煙することができると言われています。

お近くの禁煙支援薬局を探してみてください。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室健康長寿企画課

電話:075-222-3411

ファックス:075-222-3416

フッターナビゲーション