スマートフォン表示用の情報をスキップ

失語症のある方の相談支援事業

ページ番号204913

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年5月17日

失語症のある方の相談支援事業

 失語症とは,脳血管疾患や交通事故等の脳外傷の後遺症で,「言いたい言葉が浮かんでこない」「耳は聞こえているのに,言葉の意味が理解できない」などの症状があります。

 このような症状がある方で,病院を退院後,復職や就労をしたい,社会参加できる場所を探している等でお困りの方に対し,当センターの言語聴覚士が,利用できるサービスやより良いコミュニケーション方法を一緒に考えます。

 対象は市内在住の失語症のある方,そのご家族及び支援者です。「失語症かどうか,わからない」という場合でもご相談ください。また,ことばの障害には失語症以外にもさまざまなものがあります。お気軽にお問い合わせください。

失語症のある方の相談支援事業

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局障害保健福祉推進室地域リハビリテー ション推進センター

電話:075-823-1650

ファックス:075-842-1545

メールアドレス:rehabili@city.kyoto.lg.jp

フッターナビゲーション