現在位置:

京都市生活支援サービス実態調査業務委託に係るプロポーザルの実施について

ページ番号182201

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年5月15日

京都市生活支援サービス実態調査業務委託に係るプロポーザルの選定結果について

 京都市生活支援サービス実態調査業務委託について公募型プロポーザルを実施し,選定委員会において審査した結果,受託候補者として次の事業者を選定しましたのでお知らせします。

受託候補者

社会福祉法人 京都市社会福祉協議会

 

京都市生活支援サービス実態調査業務に関する質問と回答

京都市生活支援サービス実態調査業務に関する質問と回答は以下のとおりです。

質問と回答

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

京都市生活支援サービス実態調査業務委託に係るプロポーザルについて

 京都市内の生活支援サービス実態調査業務に関し,受託候補者を選定するために公募型プロポーザルを実施します。

目的

平成27年4月施行の改正介護保険法においては,「団塊の世代」が後期高齢者となる2025(平成37)年を見据えて,高齢者ができる限り住み慣れた地域で暮らし続けられるよう,介護,医療,生活支援サービスなどを一体的に提供する「地域包括ケアシステム」を実現するため,多様な主体による多様なサービスを提供可能とする「新しい介護予防・日常生活支援総合事業」(以下「新しい総合事業」という。)を平成29年度までに実施することとされており,サービス提供体制の確保などの基盤整備を進めていく必要があります。

本市では,新しい総合事業への移行は平成29年4月からを予定しており,移行後も,要支援の方をはじめ,必要な方に必要なサービスを適切に提供していけるよう,現在提供されている生活支援サービスの種類や量について,全市的な調査を行い,実態をきめ細かく把握するとともに,この調査の結果を踏まえ,今後における生活支援サービスの需給動向等を十分に検討のうえ,新しい総合事業のサービス類型,基準,報酬等を決定し,事業者の指定等の手続きを進めることとしています。

本調査は,これまでに高齢サポート及び京都市社会福祉協議会が把握している生活支援サービスの事業者への実態調査を行い,現状のサービスメニューとボリューム,メニューや提供エリア拡大の意向,運営上の課題等を把握するものであり,本調査によって必要な方に必要な生活支援サービスを提供するための基礎資料とすることを目的としています。

選定までのスケジュール

内容及び日程

実施要領配布開始

平成27年4月10日

質問書の提出期限

平成27年4月16日午後5時

質問に対する回答

平成27年4月21日

参加表明書の提出期限

平成27年4月23日午後5時

企画提案書の提出期限

平成27年4月30日午後5時

審査結果の通知(委託業者の決定)

平成27年5月上旬<予定>

業務委託契約の締結

平成27年5月上旬<予定>

履行期限

平成27年8月31日

プロポーザルに関する資料一式

本業務に係る業務委託の内容及びプロポーザルに関する資料は以下のとおりです。こちらをご覧になっていただき,提案書の作成及び提出をお願いします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室介護ケア推進課

電話:075-213-5871

ファックス:075-213-5801