現在位置:

黄色ブドウ球菌食中毒に注意しよう

ページ番号26567

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年7月10日

黄色ブドウ球菌とは?

  • 人の鼻,咽頭,皮膚,毛髪などに存在しており,特に,手の傷などの化膿した部位には多数の菌が存在しています。また,人を取り巻く環境中に広く分布していることから,健康な人でも保菌しています。
  • 食品の中で増殖するときに毒素をつくり,この毒素が人に危害を及ぼします。
  • 30~37℃の温度帯で活発に増殖します。また,本菌は熱に弱く,十分に加熱すれば死滅します。
  • しかし,産生された毒素は非常に熱に強く,100℃,30分間の加熱条件でも分解されません。

黄色ブドウ球菌食中毒

特徴

  • 食品を扱う人によって食品が汚染され,汚染された食品が室温で長時間放置されることで,食品中で菌が増殖します。菌が増殖すると,食品中で毒素が産生され,食中毒を引き起こします。
  • 潜伏期間(病原体を摂取してから症状が出るまでの期間。)は,1~5時間です。
  • 主な症状は,激しい吐き気や嘔吐で,腹痛や下痢を引き起こします。
  • 調理人の手指などから食品を汚染して,食中毒を引き起こすため,あらゆる食品が原因食品となる可能性があります。過去の原因食品としては,乳製品,おにぎり,お弁当,菓子類などがあります。

 

予防策

  • 調理の前には手をよく洗いましょう。
  • 手荒れや手に傷のある人は,食品を直接触ったり調理しないようにしましょう。
  • 調理の際には,マスクや帽子を着用し,こまめに手を洗いましょう。
  • 調理器具の洗浄殺菌を徹底しましょう。
  • 出来上がった食品は,なるべく早く食べましょう。
  • 食品は10℃以下で保存し,長時間,室温で放置しないようにしましょう。

 


↑食中毒予防の三原則

お問い合わせ先

保健福祉局 医療衛生推進室 健康安全課(京都市保健所)
電話: 075-222-4244 ファックス: 075-222-4062