現在位置:

被保険者証の見方について

ページ番号3035

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年3月31日

※住所・氏名・生年月日など記載事項に間違いがないかを確認しましょう。

 

(被保険者証の見本)

介護保険被保険者証(一)

要介護(要支援)認定又は事業対象者となった場合,(二)と(三)の記入欄に,次のように記載されます。

 

     ↓

(被保険者証の見本)※旧様式

介護保険被保険者証(二)(三)



(被保険者証の見本)※新様式

介護保険被保険者証(二)(三)

※ 裏面には注意事項が記載されています。よく読んでおきましょう。

※ 平成29年3月14日から被保険者証の様式を変更しています。

   平成29年3月14日以前に交付された旧様式の被保険者証も,引き続きご利用いただけます。

A.要介護状態区分等(要支援1・2,要介護1~5又は事業対象者)が記載されます。

B.市町村が認定を行った年月日(事業対象者は基本チェックリスト実施日)が記載されます。

C.認定結果等の有効期間が記載されます。

D.要介護度に応じた1か月分の支給限度基準額が記載されます。

E.サービスの種類ごとに支給限度基準額を設ける場合に記載されます。

F.必要により,介護認定審査会からの意見が記載されます。サービスの種類の指定が行われたときは,利用できるサービスは,指定されたサービスに限定されます。

G.保険料の滞納により,給付制限を受けている場合に記載されます。

H.居宅サービス計画若しくは介護予防サービス・支援計画の作成を依頼する事業所名などが記載されます。計画を自分で作成した場合,「自己作成」と記載されます。

I.施設サービスを利用するとき,介護保険施設などで施設の種類や名称,入退所年月日を記載します。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室介護ケア推進課

電話:075-213-5871

ファックス:075-213-5801