スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

特別展 「京都をよみがえらせた名望家たち」(31年2月5日公開終了)

ページ番号244012

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年2月5日


京都市歴史資料館 いま明治を考えるプロジェクト

特別展 「京都をよみがえらせた名望家たち」

 明治150年にあたる今年,京都市歴史資料館では,“いま明治を考えるプロジェクトとして,特別展を実施します。  

                                                                                


◎特別展 「京都をよみがえらせた名望家たち」 

 本展では,明治維新後,衰退の危機にあった京都を再生へと導いた“名望家(めいぼうか)”と呼ばれる市民にスポットをあてます。今から120年前に,市政の意思決定の中心をになった「京都市参事会」の文書のほか,明治の京都政財界の重鎮浜岡光哲 (はまおかこうてつ)・田中源太郎(たなかげんたろう)や堤弥兵衛(つつみやへえ)らの関係資料を展示し,京都をよみがえらせた名望家たちの軌跡をたどります。 

主な展示品


京都市参事会の議事録
明治22年(1889)7月15日
(京都市指定文化財「京都市参事会文書」)



「西郷従道書 随山到水源」
  明治23年(1890) 59.4×178.8cm
  (山にしたがい水源にいたる。唐代・劉長卿の詩)



「高瀬川筋電気鉄道運転ノ図」
  明治28年


会期   平成30年11月2日(金曜日)~平成31年2月5日(火曜日)

        休館日  月曜日・祝日・12月28日~1月4日

 

会場  京都市歴史資料館 1階展示室   入館 無料

                     同時開催     スポット展示「大久保利通の手紙―揺れる京都と維新官僚」(~31年1月18日)

 

展示解説 (学芸員が展示物を紹介しながら解説します)

    平成30年11月29日(木曜日),12月15日(土曜日)

    平成31年1 月24日(木曜日)

            いずれも午後2時から30分程度で,事前申込は不要です。


お問い合わせ先

京都市歴史資料館  電話:075-241-4312 ファックス:075-241-4012

フッターナビゲーション