現在位置:

京都市文化財建造物保存技術研修センター

ページ番号5595

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年4月1日

木の文化を守る拠点施設 京都市 文化財建造物保存技術研修センター

研修センターの写真

 

 国民の貴重な財産である文化財建造物を後世に伝えていくためには,文化財そのものは当然のことながら,檜皮葺など伝統的な屋根葺技能をはじめとする建造物の維持,修理のための技術者の養成,後継者の育成が必要です。
 本センターは,建造物を中心としたこれら文化財の保存技術の継承や後継者の養成事業を中心に,伝統的な屋根技能をはじめ,保存技術にかかわる道具類やその工程なども広く知ってもらうための施設として建てられたものです。




檜皮葺とは?外部サイトへリンクします
(京都市文化観光資源保護財団)


施設概要


利用について


アクセス


 

関連コンテンツ

京都市文化財建造物保存技術研修センター

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394 Y・J・Kビル 2階

電話:075-366-1498

ファックス:075-213-3366