スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市上下水道局

言語選択を表示する

検索を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

資産有効活用市民等提案制度について

ページ番号319063

2024年3月12日

 京都市上下水道局では、「京の水ビジョン-あすをつくる-」に基づき、保有資産(土地・建物)の有効活用に向けた取組を推進しています。

 この一環として、活用方法の検討を進める上下水道局用地を広く公開するとともに、市民や事業者の皆さまから、保有資産の有効活用に係る提案を受け付ける「京都市上下水道局資産有効活用市民等提案制度」の運用を開始します。

 皆さまからの御提案をお待ちしています。

活用方法の検討を進める上下水道局用地について

活用方法の検討を進める上下水道局用地の一覧(施設名、所在地、資産の状況など)を公開します。(適宜更新)

活用方法の検討を進める上下水道局用地について

京都市上下水道局資産有効活用市民等提案制度について

 京都市上下水道局では、「京の水ビジョン-あすをつくる-」に基づき、保有資産(土地・建物)の有効活用に向けた取組を推進しています。今回、その一環として、「京都市上下水道局資産有効活用市民等提案制度」※を創設しました。

 本制度により、自らが実施主体となろうとする市民や事業者の皆さまから、常時、御提案を受け付け、資産の有効活用に取り組みます。(令和5年11月7日から制度開始)

 ※ 京都市(市長部局)では既に同様の制度を実施しています。

1 制度概要

⑴ 提案制度の目的

  上下水道局が保有する土地・建物について、市民や事業者の皆さまとの協働によって、最適な有効活用を進めることを目的としています。

⑵ 提案の対象とする土地・建物

  上下水道局が保有する土地・建物を対象とします。

  対象となる土地・建物は、上記「活用方法の検討を進める上下水道局用地について」のとおりです。

  ※ 京都市(市長部局)が保有する土地・建物の活用提案については、こちらのページを御覧ください。

⑶ 募集する提案

  提案者自らが実施主体となって活用する提案を常時募集します。

⑷ 提案者の資格

  提案内容を自ら主体となって実施する個人、法人及びその他団体(市内・市外問わず)とします。

⑸ 提案方法

  フロー図のとおりです。

     ※ 制度の詳細は「実施要領」で御確認ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。