スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市上下水道局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

指定下水道工事業者の方へ

ページ番号243454

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年4月1日

はじめに

 京都市公共下水道事業条例により,排水設備に関する修繕や工事は,京都市の指定を受けた者でなければ行うことができません。

 新しく京都市指定下水道工事業者として登録を受けようとするとき,指定の有効期間満了後に引き続き指定を受けようとするとき,指定事項を変更するときは,以下のとおり手続きを行ってください。

1.指定下水道工事業者の申請(新規指定・更新指定)

指定の要件

 京都市指定下水道工事業者規程で次のとおり定められています。

 ⑴ 責任技術者が1名以上専属していること。

 ⑵ 排水設備工事の設計及び施行に必要な器材を有していること。

 ⑶ 京都府域内に営業所を設け,現に営業している者であること。

 ⑷ 次に掲げる事項のいずれにも該当しない者であること。

   ア 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者であること。

   イ 精神の機能の障害により排水設備工事の事業を適正に営むに当たって必要な認知,判断及び意思疎通を適切に行うこ

     とができない者であること。

   ウ 責任技術者としての登録を取り消されてから2年を経過していない者であること。

   エ 指定下水道工事業者の指定を取り消されてから2年を経過していないこと。

   オ 過去3年間に下水道に関する法令,条例,規則又は規程に違反したことがないこと。

   カ その業務に関し不正若しくは不誠実な行為をするおそれ又は指定下水道工事業者としての信用を著しく失墜させるおそ

     れがあると管理者が認めるに足りる相当の理由を有していること。

   キ 法人であって,その役員のうちにアからウまでのいずれかに該当する者がいること。

 ⑸ その他別に定める基準に該当していること。(下記の京都市指定下水道工事業者指定基準をご参照ください。)

京都市指定下水道工事業者指定基準

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

新規指定について

必要書類

 本ページの下にあります【3.申請・届出の手引・様式等】から各様式等をダウンロードして,申請書類を作成してください。(各様式等は申請窓口でお渡しすることもできます。)

※必要書類,記入方法は「申請・届出の手引」を参照

 法人または個人により,必要書類が一部異なりますので,ご注意ください。

受付

 申請は窓口において随時受付しています。(郵送では受付できませんので,窓口までお越しください。)

 【申請窓口】

  上下水道局下水道部管理課 排水設備担当

  京都市南区東九条東山王町12番地 上下水道局本庁舎7階

  電話:075-672-7822(直通)

  受付時間:午前8時30分~正午,午後1時00分~午後5時15分(土日祝及び年末年始を除く)

審査

 ・ 申請書類に不備がないか審査を行います。

 ・ 現地調査を行いますので,代表者の立会いをお願いします。

 ・ 審査は受付期間ごとに年4回実施します。また,審査期間(標準処理期間)は,受付期間終了後2箇月程度です。

   【受付期間】

   第1期(4月~6月受付),第2期(7月~9月受付),第3期(10月~12月受付),第4期(1月~3月受付)

指定下水道工事業者証の交付等

 審査終了後,指定下水道工事業者証の交付式及び説明会を開催します。

 代表者または責任技術者の方が必ず出席してください。

更新指定について

 有効期間が満了となる指定下水道工事業者には,事前に更新指定に係る手続きのご案内を郵送しますので,引き続き指定を受けようとする場合は,所定の手続きをしてください。

 住所等に変更があった場合は,必ず変更の届出をしてください。郵便物が届かなくなることがあります。(変更の届出については,次項の【2.指定事項等の変更の届出】を参照してください。)

2.指定事項等の変更の届出

 以下の事項が生じたときは,速やかに必要書類を提出してください。

  • 代表者を変更したとき。
  • 商号を変更したとき。
  • 営業所を移転したとき。
  • 本店を移転したとき。
  • 専属する責任技術者に異動があったとき。
  • 電話番号又はファックス番号を変更したとき。
  • 個人から法人又は法人から個人に組織変更したとき。
  • 指定下水道工事業者としての営業を廃止若しくは休止しようとするとき。
  • 指定の要件のいずれかに適合しなくなったとき。

必要書類

 本ページの下にあります【3.必要書類一覧・様式等】から各様式等をダウンロードして,申請書類を作成してください。(各様式等は申請窓口でお渡しすることもできます。)

※必要書類,記入方法は「申請・届出の手引」を参照

 法人または個人により,必要書類が一部異なりますので,ご注意ください。

 

3.申請・届出の手引・様式等

申請・届出の手引(令和3年4月1日)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

4.お知らせ

申請の様式等について

 令和3年4月1日より、申請書等の押印を一部廃止としました。

 申請の際は,新様式をダウンロードしてお使いください

 【変更のある様式等】

 該当様式等は次のとおりです。

  「様式第1号」,「様式第3号」,「様式第5号」,「様式第7号」,「様式第8号」,「様式第9号」,

  「経歴書」,「銀行口座振替依頼書

※「京都市暴力団排除条例に伴う誓約書」は,押印が必要となりますので,ご注意ください。

京都市指定上下水道工事業者案内について

 京都市が指定した指定下水道工事業者をお客さまにご案内しています。(クリックすると表示されます。)

提出資料について

排水設備工事確認申請に係る手続き

 排水設備工事の確認申請の手続きについては,条例及び規程において提出期限が定められています。提出書類については,必ず期限内に提出してください。

〇排水設備工事の確認について

 京都市公共下水道事業条例第5条第1項の規定により,排水設備工事を行う際は,工事着手前にその計画が排水設備の設置及び構造の技術上の基準に適合するものであることについて,確認を受けることが義務付けられているため,必ず工事着手前に申請を提出し,確認を受けてから工事に着手してください。

〇しゅん工届の提出について

 京都市公共下水道事業条例28条第1項の規定により,工事がしゅん工したときは,10日以内にしゅん工届を提出することが義務付けられているため,必ず期限内にしゅん工届を提出してください。

水洗化工事に関する助成制度について

 水洗化工事(くみ取り便所からの改造工事,浄化槽からの接続替工事)には,助成制度があります。(クリックすると表示されます。)

 水洗化工事を行う際は,必ず工事着手前に助成制度を利用できるかご確認ください。工事着手後は助成制度の申請を行うことができませんので,ご注意ください。

お問い合わせ先

上下水道局 下水道部 管理課
電話: 075-672-7822 ファックス: 075-682-2707