スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市上下水道局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

上下水道工事等に関する基準,仕様書等

ページ番号116864

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年5月27日

上下水道工事等に関する基準,仕様書等

共通仕様書の改正

土木工事,機械設備工事及び電気設備工事共通仕様書を令和2年6月1日付で以下のとおり改正します。

特記仕様書に,共通仕様書の適用年月を記載していますので,これに従ってください。

共通仕様書【上下水道編】(令和2年6月1日以降に設計・積算する工事)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

共通仕様書の改正

土木工事,機械設備工事及び電気設備工事共通仕様書を令和元年6月1日付で以下のとおり改正します。

特記仕様書に,共通仕様書の適用年月を記載していますので,これに従ってください。

   ※【参考】国土交通省 施工体制台帳,施工体系図等 作成例

   http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/1_6_bt_000191.html外部サイトへリンクします

   ※令和2年4月1日の工事請負契約約款の改正に伴い,令和2年4月1日以降に契約した工事については,

    共通仕様書及び工事関係書類を,以下のとおり読替えてください。

読替え(令和2年4月1日以降に契約した工事)

土木工事共通仕様書及び土木工事施工管理基準の改正

土木工事共通仕様書・土木工事施工管理基準(平成30年9月1日以降に設計・積算する工事)

仕様書

設計業務等委託共通仕様書(平成24年4月1日以降に契約する委託)

 ※令和2年5月1日の業務委託契約書の改正に伴い,令和2年5月1日以降に契約した設計業務等委託については,

    共通仕様書及び提出書類を,以下のとおり読替えてください。

読替え(令和2年5月1日以降に契約した設計業務等委託)

工事関係書類の様式(令和2年6月1日以降)

   令和2年度の工事共通仕様書の改定に伴い,「工事関係書類の標準様式(案)」を定めました。
   これにない様式については,特記仕様書及び監督員の指示に従ってください。

工事関係書類の様式一覧

 契約書や設備工事共通仕様書等に基づき,発注者への提出・提示が必要な書類のうち,各種工事に共通する書類についての一覧表です。書類を作成する際の参考としてください。

 令和2年6月1日以降に契約を締結する設備工事に適用します。

工事関係書類の様式(平成23年9月1日以降)

   平成23年度の工事共通仕様書の改定に伴い,「工事関係書類の標準様式(案)」を定めました。
  旧仕様書で契約した工事については,受発注者の協議により適用を決定してください。
  また,これにない様式については,特記仕様書及び監督員の指示に従ってください。

工事関係書類の様式一覧

設計業務等委託提出書類の様式(平成24年4月1日以降)

   平成24年度の設計業務等委託共通仕様書の改定に伴い,「設計業務等委託提出書類の標準様式(案)」を定めました。
  旧仕様書で契約した業務委託については,受発注者の協議により適用を決定してください。
  また,これにない様式については,特記仕様書及び監督員の指示に従ってください。

基準

 従来の管理基準である「土木施工管理基準(上水道編)平成17年2月」,「土木施工管理基準(下水道編)平成17年2月」を改正及び統合し,土木工事施工管理基準【上下水道編】を作成するとともに,施工計画書作成マニュアル【土木工事編】を作成しました。これらの基準は,平成25年9月2日以降に設計・積算する工事について,適用されます。

 適用については,各業務の特記仕様書で必ず確認をしてください。

上下水道(土木)

土木工事施工管理基準【上下水道編】(平成25年9月2日以降に設計・積算する工事)

施工計画書作成マニュアル【土木工事編】(平成25年9月2日以降に設計・積算する工事)

上水道(設備)

下水道(設備,建築)

電子納品

 電子納品とは,従来の紙ベースによる納品に代えて,成果品を電子的に納品することにより,保管・再利用などの業務実務の効率化を目指し,調査,設計,工事などの各業務段階の最終成果の提出を電子データで行うものです。

 電子納品の円滑な実施と納品データの有効利用を目的として,上下水道局における電子納品の取扱いについてまとめた「京都市上下水道局電子納品実施要領」及び「電子納品CD-R作成基準」を平成23年12月に改訂しました。

 設計積算時期の差異に伴い,従来の「電子納品実施要領」及び「電子納品CD-R作成基準」と新しい「電子納品実施要領(案)」の適用が過渡期において混在しますので,必ず特記仕様でどちらの仕様書が適用されているか確認をして下さい。

 また,この「電子納品実施要領(案)」は,紙媒体による図書の発行は行いません。以下の電子データをダウンロードしてください。

       CALS/EC 電子納品に関する要領・基準,電子納品チェックシステム,SXFブラウザ等は,

       国土交通省のホームページ(http://www.cals-ed.go.jp/外部サイトへリンクします)より入手,利用できます。 外部サイトへリンクします

       また,地方共同法人 日本下水道事業団 下水道施設CAD製図基準(案)

       (http://www.jswa.go.jp/company/shuupan/kankoubutu/kankoubutu.html外部サイトへリンクします外部サイトへリンクします)は,

       一般財団法人下水道事業支援センターより販売用刊行物(http://www.sbmc.or.jp/03kankobutsu/bookannai.html外部サイトへリンクします

       とされており入手できます。

関連コンテンツ

上下水道工事等に関する基準,仕様書等

お問い合わせ先

京都市 上下水道局技術監理室監理課

電話:075-672-7744

ファックス:075-682-2274