スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市左京区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【健康コラム】乳がんは自分で見つけることのできる唯一のがんです!

ページ番号307393

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2023年1月23日

早期発見・早期治療のために!乳がん自己チェックを始めませんか?


乳がんは女性がかかるがんの中で一番多いがんですが、早期に発見することができれば、治る確率が非常に高いといわれています。京都市では40歳から乳がん検診を受けることができますが、まれに20~30歳代でも発症することがあります。

乳房の状態に関心を持って生活し、普段の乳房の状態を知ることは、しこりなど小さな変化に気付くことに繋がります。乳がんの早期発見・早期治療にはとても重要な生活習慣の一つです。

皆さんの健康づくりを応援するために、左京区健康づくりサポーター「にっこり元気左ポーターズ」が、乳がん自己チェック方法を紹介するリーフレットを作成しました。リーフレットを参考に、日頃から入浴や着替えの時に、ご自身の乳房を見て・触って自己チェックすることを習慣化しましょう!

※定期的に乳がん検診を受けることも大切です。京都市の乳がん検診についてはこちら

※何か異常を見つけたら、早めに乳腺外科を受診しましょう。


乳がんとは?


乳腺にできる悪性の腫瘍で、乳房上部に最もできやすいとされています。主な症状は乳房のしこりです。乳房にくぼみやただれがある、乳頭から血の混じったような分泌物がでる、などの症状もあります。


乳がん自己チェックリーフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

左京区役所保健福祉センター 健康福祉部 健康長寿推進課(健康長寿推進担当)
電話:075-702-1219 ファックス:075-702-1316