スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市上下水道局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

漏水修繕施工証明書の記入方法について

ページ番号250308

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2023年3月24日

漏水修繕施工証明書の記入方法について

 漏水修繕施工証明書の記入にあたっては、「地下漏水に伴う水道使用水量の決定基準に関する要綱」に基づき、以下の必要事項を必ず記入してください。

必要事項

1 京都市指定給水装置工事事業者の住所、指定番号、氏名及び押印(法人にあって、その名称及び代表者名並びに主たる事務所の所在地)

 ※代表者印(丸印)の押印が必要

2 使用者の住所(漏水修繕工事場所)及び氏名(法人にあっては、その名称及び代表者名)

3 お客さま番号

4 漏水修繕工事箇所

 ※地下(地中)、床下、壁中などの修繕位置と破損内容を記入

 ※器具(トイレのボールタップ等)の故障による漏水水量の減量は不可

5 使用材料(品名、呼び径、数量等)

6 修繕年月日

注意事項

 作成にあたって鉛筆や消せるボールペンは使用しないようにお願いします。また、訂正の際は修正テープや修正液を使用せず、京都市指定給水装置工事事業者の皆様の訂正印にて訂正してください。

 詳細については、以下の漏水修繕施工証明書に記入例を付属しておりますのでご確認ください。

こちらからダウンロードできます。

お問い合わせ先

上下水道局 総務部 お客様サービス推進室
電話: 075-672-7733 ファックス: 075-671-4165