スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市上下水道局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

京都市から発生する下水汚泥及び放流水中の放射性物質について問題はありません

ページ番号194290

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年9月12日

京都市から発生する下水汚泥及び放流水中の放射性物質について問題はありません

 京都市上下水道局では,鳥羽水環境保全センターから発生する下水汚泥(焼却灰)及び放流水について,放射性物質(ヨウ素131, セシウム134,セシウム137)をゲルマニウム半導体検出器により測定を行いました。

 検出された濃度は問題のないレベルでした。

 ○下水汚泥(焼却灰)及び放流水 測定結果

令和元年8月
採取場所鳥羽水環境保全センター
                                単位:焼却灰(Bq/kg),放流水(Bq/ℓ)
階段炉焼却灰流動炉焼却灰放流水(E~I系列)
採取日令和元年8月26日令和元年8月26日令和元年8月30日
ヨウ素131不検出
検出限界値(7.8)
9.8
検出限界値(6.1)
不検出
検出限界値(0.4)
セシウム134不検出
検出限界値(5.0)
不検出
検出限界値(4.7)
不検出
検出限界値(0.4)
セシウム137不検出
検出限界値(6.6)
4.9
検出限界値(4.6)
不検出
検出限界値(0.4)

注1 「不検出」とは,測定値が検出限界値を下回っていることを表します。

注2 「検出限界値」とは,測定装置により測定対象物質が存在していることが分かる最低の濃度を表しており,

   測定対象物質及び測定時間により毎回変動します。 

(参考1) 「放射性物質が検出された上下水処理等副次産物の当面の取扱いに関する考え方」  原子力災害対策本部(平成23年6月16日)

           

基 準 値

放射性物質の含有物として取り扱う必要がなく,副次産物等への利用可能な数値

放射性セシウム 100Bq/kg以下

埋立処分が可能な数値

放射性セシウム 8,000Bq/kg以下

(参考2) 東日本大震災前の下水汚泥の測定結果
  採 取 場 所  

     鳥羽水環境保全センター       

       階段炉焼却灰

 ヨウ素         不検出         
 セシウム134          不検出
 セシウム137           11Bq/kg

     ※ 階段炉焼却灰は,局内仮置き場より採取したもの。

  関連リンク

  ・京都市の水道水の測定結果

お問い合わせ先

上下水道局 下水道部 施設課
電話: 075-672-7832 ファックス: 075-682-2715