スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市上下水道局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市水道施設の現状

ページ番号8776

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年9月27日

 京都市の水道事業は,明治45年4月,京都の近代化の礎となる「京都市三大事業」の一つとして「第2琵琶湖疏水」の竣工により,幕を開け,日本最初の急速ろ過方式を採用した蹴上浄水場が給水を開始しました。

 その後,京都市の発展に伴い,増大する水需要に対応するため,松ケ崎浄水場,山ノ内浄水場,新山科浄水場を整備しました。

 しかしながら,節水型社会の定着により,平成2年度をピークに水需要は年々減少したことに伴い,平成24年度末に山ノ内浄水場を廃止し,水需要に応じた浄水場の施設規模の適正化を図っています。

 また,平成29年4月に,地域水道事業及び京北地域水道事業を水道事業に事業統合し,現在では約739千m3/日の浄水処理能力を要しております。

●事業の現状(平成29年度末現在)
事業の現状
項目数値
給水人口1,464,511人
普及率(全市人口比)99.8%
普及率(給水区域内人口比)99.9%
給水件数779,390件
施設能力738,778m3/日
配水管延長4,206km
年間給水量183,969千m3
1日最大給水量534,015m3
1日平均給水量504,023m3

 

●水利権量(平成29年度末現在)

1 淀川水系琵琶湖 琵琶湖水利権(蹴上,松ケ崎,新山科浄水場)

項   目

現行水利権

目          的

水道用水,工業用水,かんがい用水,雑用水及び運河等

最 大 取 水 量

23.65m3/s

 第1疏水: 8.35m3/s

  第2疏水:15.30m3/s

使 用 内 訳

(1)水道用水

7.51m3/s

(2)工業用水

0.004m3/s

(3)かんがい用水

0.93m3/s

(4)雑用水

8.871m3/s

(5)その他の用水

23.65m3/s

2 淀川水系淀川(宇治川)水利権(新山科浄水場)

項   目

現行水利権

目          的

水道用水

最 大 取 水 量

0.417m3/s

3 淀川水系淀川(高野川)水利権(大原第1浄水場)

項   目

現行水利権

目          的

水道用水

最 大 取 水 量

0.01146m3/s

4 淀川水系淀川(桂川)水利権(山国浄水場)

項   目

現行水利権

更新許可申請 (H28.10.18付)

目          的

水道用水

現行同様

最 大 取 水 量

0.0123m3/s

0.0154m3/s

関連コンテンツ

京の水道

お問い合わせ先

京都市 上下水道局水道部管理課

電話:075-672-7759

ファックス:075-682-2368