スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市左京区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

松ヶ崎妙法送り火

ページ番号24369

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2007年12月17日

月日:8月16日   場所:松ヶ崎東山,西山

松ヶ崎妙法送り火

 

 8月16日,午後8時10分には松ヶ崎西山,東山の「妙」と「法」の二文字が浮かび上がります。この2山はふたつでひとつ。「松ヶ崎妙法送り火」と呼ばれ,同時に点火されます。

 「妙」は1306年,地元の歓喜寺(かんきじ)が日像の教えによって天台宗から法華宗に改宗した際,日像(にちぞう)が西山に妙の字を書いたと伝えられています。そして「法」は,妙泉寺(みょうせんじ)の末寺,下鴨大妙寺(だいみょうじ)の僧日良(にちりょう)が,江戸時代初期に東山に書いたことが始まりとされています。

 点火が始まると,妙の西山では読経が行われます。火床は妙が103基,法が63基。お題目の二文字が夜空を焦がします。

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。