スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市交通局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

「ドライバー異常時対応システム」を搭載した車両の導入について

ページ番号264410

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年2月8日

 京都市交通局では,運転士が,運転中の体調急変などにより安全運転の継続が困難となった場合,お客様が運転席後部客席側にある非常ブレーキボタンを押すことにより,車両を自動停止させる「ドライバー異常時対応システム」を搭載した車両を令和元年度中に47両導入することとし,令和2年1月末から導入を開始しています。

 引き続き,安全・安心に市バスをご利用いただけるよう,バス車両の安全性向上に努めてまいります。

システムの作動について
非常ブレーキボタン・警告灯の設置位置及び案内掲示

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 交通局自動車部技術課

電話:(車両担当)075-863-5153,(停留所担当)075-863-5154

ファックス:075-863-5159