スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市北区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

区長の日記 鳳徳小学校の児童が一流芸術家から邦楽「琴」を教わりました

ページ番号245262

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年11月28日

区長の日記 鳳徳小学校の児童が一流芸術家から邦楽「琴」を教わりました

 11月15日(木曜日),「ようこそアーティスト 文化芸術とくべつ授業」(講師:京都當道会の大木冨志先生,粟田先生,梶田先生)が鳳徳小学校(5年生対象)で開催されましたので,見学に伺いました。

 まず,先生方から児童のみなさんに,日本最古の歴史書である,「古事記」に出てくる話を用いて,子ども達に分かりやすくお琴の御説明。その後,児童のみなさん一人一人が,琴に直接触れながら,弦の爪弾き方(つまびきかた)などを教えてもらい,演奏の練習が始まりました。

 最後は,皆さんで練習した日本古謡「さくら」を全員で演奏され,授業が終了しました。短時間の練習にもかかわらず,児童のみなさんが,立派に演奏ができたことに関心いたしました。

 ご指導いただきました,3名の先生方,ありがとうございました。児童のみなさん,貴重な体験ができてよかったね。


まず,先生の演奏を聴いて


一人ひとりが琴に触れ


太鼓も練習しました。


大木冨志先生(中央),芸術センターの中谷香様と

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 北区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当:075-432-1197,地域防災担当:075-432-1199,統計調査担当:075-432-1199,企画担当:075-432-1199

ファックス:075-432-0388