現在位置:

区長の日記 北区民ふれあい事業ニコニコ北っ子「北区こどものまち」を開催しました。

ページ番号215758

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年3月8日

北区民ふれあい事業ニコニコ北っ子「北区こどものまち」

 やわらかな日差しが春の訪れを感じさせる3月4日(土曜日),北区で初めての,子どもが主役のまち「北区こどものまち」を開催しました。

 この事業は,NPO法人エンラボの運営サポート,大谷大学のご協力のもと,昨年10月から,区内の小学生の「こどもスタッフ(45人)」による「こども会議」を開き,「どのようなまちにしたいか,どんなお店を開きたいか」を,子ども自身が考え,大人がその実現をサポートする方法で進めてきました。

事業の目的は,まちの中で仕事をして,給料をもらい,税金を支払い,働いて得たお金で買い物をしたり,遊んだりする社会の仕組みの一部を,北区の未来を担う子どもたちに,楽しみながら,感じ,知ってもらうことです。

 当日は,こどもスタッフが20のお店,行政機関,金融機関を開いて,今までサポートしてきた大人も一緒に200人の子ども(まち住民)をお出迎えしました。

 会場内は,大変な熱気の中,キラキラした表情でお店で働く子どもがいる中で,少し戸惑っている表情の子どももいるなど,多様な子ども同士のやり取りが行われていました。

 この1日を通して子どもが身近なまちについて考え,未来の北区,京都市のまちづくりにつながればと思いました。

 今後も,地域,大学,PTAなど,たくさんの団体と協力しながら様々な子ども事業を開催していきたいと考えています。

 運営を支えてくださったおとなパートナー,エンラボ,大谷大学,「健康長寿のまち・北区」推進事業でご協力いただいた京都市北区地域介護予防推進センター,北区健康づくりサポーターの皆さん,当日,パンなどを提供していただいた山崎製パン株式会社京都工場など関係者の方々に心から感謝申し上げるとともに,今後とも,ご協力をよろしくお願いします。


まちびらき 


お仕事さがし(ハローワーク)


ただいまお食事中


レストラン


まちの全体の様子


子どもスタッフ,エンラボ,大谷大学の学生さんと

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 北区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当:075-432-1197,地域防災担当:075-432-1199,統計調査担当:075-432-1199,企画担当:075-432-1199

ファックス:075-432-0388