スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市上下水道局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

お風呂の効能を知る!

ページ番号287759

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年2月25日

良いことがたくさん!お風呂入浴のメリット

(1) 疲れが取れる!

 体が温まり,血行が促進されることで,栄養素や酸素などが体中に行き届き,新陳代謝を促進します。これによって,体の老廃物や疲労物質が取り除かれ,疲労感やだるさが軽減されます。

(2) 血行が良くなる!

 湯船につかると静水圧により足にたまった血液が押し戻されます。また,体が温まることで,血管が拡張され,末端まで血液が届けられます。

(3) 気分がリラックス!

 お湯の浮力により,体重は約9分の1に減少。筋肉や関節への負担が軽減することで,脳の緊張も和らぎ,リラックスできます。

 就寝の1.5~2時間前の入浴は良質な睡眠にも期待できます。


お風呂の効能の紹介動画


お風呂入浴のメリットをコンパクトに紹介しています!


 

おすすめの入浴方法

(1) お湯加減は「ぬるま湯」で

 夏は38℃程度のお湯に15分ほど,冬は40℃程度のお湯に15分ほどつかりましょう。

 血行が促進され,疲れが和らぐとともに,冬はぽかぽか感が長く続きます。

(2) 半身浴もおすすめ

 心臓や肺に負担をかけずに温めることができ,体力に自信のない方にもおすすめです。

(3) 季節に応じた入浴剤で効果アップ

 夏はクール系入浴剤で湯上がりもさわやかに。重曹やミョウバンを含むものは,お肌をさっぱりさせる効果もあります。

 冬は保湿系入浴剤を入れることで,お肌が乾燥しにくくなります。

入浴時の注意!

 お湯の温度が42℃を超えると血圧や脈拍を急上昇させるなど,体の負担が大きくなります。体調に合わせて無理をしないようにしましょう。

 また,入浴時には発汗で多くの水分を失います。入浴後だけでなく,入浴前にもしっかり水分を補給しましょう。

お問い合わせ先

上下水道局 総務部 総務課
電話:075-672-7810
ファックス:075-682-2711