スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市上下水道局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

地下・半地下及び低地での建築物について

ページ番号25932

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2007年11月22日

半地下建築など,道路面より低い位置の家屋等構造物は,

●道路面から雨水が流入しやすくなり,浸水することがあります。

●豪雨時に下水道管から下水が逆流し,風呂やトイレ等からあふれることがあります。

豪雨時の半地下構造物の溢水(いっすい)の様子

 

 

建築主や設計者の皆さまへ

●浸水被害の危険性が高い地下・半地下建築はできるだけ避けてください。

●出入口は道路面より高く設置してください。

●やむを得ず地下・半地下建築にする場合は,浸水等への対策を講じてください。

●詳細については,上下水道局にご相談ください。

 

浸水予防対策の例

浸水予防対策の例(土のうの常備,止水板の常備,仮設排水ポンプの常備,逆流防止弁の設置)

チラシのダウンロードはこちらから

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

上下水道局 下水道部 管理課
電話: 075-672-7822 ファックス: 075-682-2707