スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市伏見区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【11月1日】サムコ株式会社様から「令和元年台風第19号災害義援金」をお預かりしました。

ページ番号259883

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年11月1日

【11月1日】サムコ株式会社様から「令和元年台風第19号災害義援金」をお預かりしました。

 11月1日,サムコ株式会社本社(伏見区竹田藁屋町)にて,辻会長及び従業員の皆様から,令和元年台風第19号の被害に対する多額の義援金をお預かりしました。
 お預かりした義援金は,日本赤十字社を通じて,全額を被災された方々にお届けします。

 サムコ株式会社は,1979年(昭和54年),代表取締役会長兼CEOの辻理(つじ おさむ)氏が京都市伏見区の雑居ビル1階のガレージで株式会社サムコインターナショナル研究所として社員2名で設立。その後,順調に業績を伸ばし,2001年に日本証券業協会,2004年にジャスダック,2014年には東証1部に上場を果たされました。京都から世界の最先端企業として独創的な半導体製造装置を世界中に送り続けている電子部品製造装置のメーカーであり,薄膜技術で世界の産業科学に貢献されています。
 また,平成28年4月には,一般財団法人サムコ科学技術振興財団を設立。新たな薄膜技術分野へ挑戦する次世代の研究者,学生,技術者の研究開発に対し,助成・顕彰を行っておられます。
※ サムコ株式会社におかれましては,これまでから日本赤十字社に多額の御寄附をいただいております。


サムコ株式会社の辻会長(左)から馬屋原伏見区長(右)へ義援金を贈呈

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 伏見区役所地域力推進室まちづくり推進担当

電話:075-611-1144

ファックス:075-611-0634