修学院題目踊・紅葉音頭

ページ番号24570

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2007年12月17日

月日:8月27日   場所:修学院七町会館広場

修学院題目踊・紅葉音頭

 

 修学院では毎年8月27日,大日盆(だいにちぼん)の日に,修学院題目踊・紅葉音頭が行われます。現在,踊りは鷺森(さぎのもり)神社の御旅所でもある七町会館前の広場で行われています。櫓(やぐら)に立てられた青竹の先には,観音経(かんのんきょう)が書かれた切子燈籠(きりこどうろう)が一灯吊るされます。

 音頭取りが歌う「南無妙法蓮華経」という題目に節をつけた歌に合わせて踊る題目踊は,中世の念仏踊りの面影を残しています。

 題目踊のあとに紅葉音頭を踊ります。紅葉音頭は修学院離宮を中心としたことから,別名御所音頭とも言われ,紅葉の名所に因んでその名称が付けられたと考えられています。

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。