現在位置:

市バスの前乗り後降り方式の実証実験中における乗継割引及び昼間割引回数券の取扱いについて

ページ番号226546

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年10月6日

 平成29年10月14日(土曜日),15日(日曜日),28日(土曜日),29日(日曜日)に実施する「市バスの前乗り後降り方式の実証実験」におきまして,実証実験の対象系統となる100号系統では,乗車時に運賃をお支払いいただくことから,トラフィカ京カード及びICカードでのバス⇔バス乗継割引の適用並びに昼間割引回数券の利用について,以下のとおり取り扱いいたしますので,お知らせします。

1 バス⇔バス乗継割引について

実証実験実施日のバス⇔バス乗継割引の適用については,以下のとおりとなります。なお,地下鉄とバスとの乗継については,通常どおり,同日に利用した場合に割引となります。

(1)100号系統以外を利用した場合(通常どおり)


(2)1乗車目が100号系統で,2乗車目でその他の系統に乗り継いだ場合


(3)1乗車目が100号系統以外で,2乗車目で100号系統に乗り継いだ場合


2 乗継割引額の返金対応について

通常,適用される乗継割引が適用されていない場合(上記の(2)のような場合),以下の内容を,FAX又はメールで送付いただければ,交通局で利用履歴を確認の上,本来,割り引くはずの金額を口座振込にて返金いたします。なお,対応は,口座振込のみとし,その他の手法にはお応えできませんので御了承ください。

 

(1)記載事項

 ア 住所,氏名,電話番号

 イ トラフィカ京カードの場合:カード裏面のコピー

   ICカードの場合:カード番号 (カード裏面の右下に記載のアルファベット2文字から始まる17文字の英数字)


(2)送付先

   京都市交通局 営業推進室運賃制度担当

   (FAXの場合)075-863-5069

   (メールの場合)eigyochosa2017@city.kyoto.lg.jp

(3)受付期限

   平成29年11月30日(木曜日)まで

 

3 100号系統での昼間割引回数券の取扱いについて

実証実験実施日の100号系統では,乗車時に運賃をお支払いいただくことから,昼間割引回数券の利用可能時間を下記のとおりとします。


このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

営業推進室
(運賃制度担当)
電話:075-863-5061
ファックス:075-863-5069