現在位置:

事業の概要

ページ番号73257

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年9月20日

事業白書

交通局では自動車運送事業(市バス)・高速鉄道事業(地下鉄)の年間の取組や運輸成績などの統計資料を年度ごとに編集し、「京都市交通事業白書(事業概要)」として発行しています。

このたび、その平成26年度版を発行しましたので,参考資料としてご活用ください。

平成26年度版交通事業白書全体のデータはこちら

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

過去の交通事業白書はこちら

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

市バス各系統の営業係数

「みんなで乗ろう!環境にやさしい私たちのまちのバス」

 交通局では,お客様や市民の皆様に現状をお知らせして,一層のご利用の促進につなげていくために,市バス各系統の営業成績やご利用状況を公表しています。

 営業成績を示す分かりやすい指標として,営業係数というものがあります。この営業係数とは,100円の収入を得るためにかかる費用のことです。100未満なら黒字,100を超えれば赤字であることを表しています。

 平成27年度では,市バス全83系統のうち75系統において,黒字は29の系統で,残りの46系統が赤字でした。

 黒字の系統が赤字の系統を支えることにより,市バスネットワーク全体が維持されています。

 なお,営業係数については,お客様の増加により収入が増加しても,軽油高騰などによる経費の増加が上回れば,悪化することもございます。

※ 平成27年度末時点で運行している系統は全部で83系統。平成28年3月19日に開始した8系統(58,86,88,103,104,105,106,110号系統)は運行日数が少ないため,営業係数は算出していません。

  環境にも健康にもやさしいみんなの足,市バス。

 いつもはクルマのお出かけを今日はバスに変えてみませんか?

 

クルマの利用を控えるとこんなに二酸化炭素を削減できます!

お問い合わせ先

交通局 営業推進室
電話: 075-863-5094