スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

専用電話相談窓口,帰国者・接触者相談センター等,電話等での相談窓口一覧

ページ番号266620

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年8月3日

新型コロナウイルス感染症が心配なとき


専用電話相談窓口,帰国者・接触者相談センター

新型コロナウイルス感染症専用電話相談窓口(令和2年1月31日~)

新型コロナウイルス感染症に関して主に健康面の相談等に応えるため,専用電話相談窓口を開設しています。

  1. 電話番号 075-222-3421
  2. 受付時間 土・日・祝日を含む24時間

 聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、メールまたはファックスをご利用ください。

英語・中国語の電話通訳について

 英語・中国語は電話通訳が可能です。

  電話番号 075-752-1166  (京都市国際交流協会 行政通訳相談)

 ただし,曜日・時間に限りがあります。

 英語(English)   火曜日・水曜日・木曜日 午前9時~午後5時 (詳しくはこちら外部サイトへリンクします

 中国語(Chinese) 水曜日・金曜日      午前9時~午後5時 (詳しくはこちら外部サイトへリンクします

新型コロナウイルス感染症専用電話相談窓口件数及び検査件数

 新型コロナウイルス感染症の最新の動向はこちらのぺージをご覧ください。

 

新型コロナウイルス感染症に係る帰国者・接触者相談センター(令和2年2月6日~)

新型コロナウイルスへの感染が疑われる場合(※相談の目安)等は,相談センターにご相談ください。

  1. 電話番号 075-222-3421
  2. 受付時間 土・日・祝日を含む24時間

 聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、メールまたはファックスをご利用ください。

※ 相談の目安

〇「息苦しさ(呼吸困難)」,「強いだるさ(倦怠感)」,高熱等の強い症状のいずれかかがある。 

〇重症化しやすい方(※)で,発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある。

 (※)重症化しやすい方(高齢者,糖尿病,心不全,呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患等)等の基礎疾患のある方,透析を受けている方,免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方),妊娠中の方はすぐにご相談ください。

〇上記以外の方で,発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状が続いている。

 (症状が4日以上続く場合。症状には個人差がありますので,強い症状と思う場合にはご相談ください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

【お子さまをお持ちの方へ】

  小児については,小児科医の診察が望ましく,まず,かかつりつけ医療機関に電話などにご相談ください。

英語・中国語の電話通訳について

 英語・中国語は電話通訳が可能です。

  電話番号 075-752-1166  (京都市国際交流協会 行政通訳相談)

 ただし,曜日・時間に限りがあります。

 英語(English)   火曜日・水曜日・木曜日 午前9時~午後5時 (詳しくはこちら外部サイトへリンクします

 中国語(Chinese) 水曜日・金曜日      午後9時~午後5時 (詳しくはこちら外部サイトへリンクします

健康観察票

【京都府】新型コロナウイルス感染症に係る専用相談窓口,帰国者・接触者相談センター

京都府は新型コロナウイルス感染症に係る専用相談窓口,帰国者・接触者相談センターを開設しています。

※電話番号及び受付時間についてはこちらのページ外部サイトへリンクしますをご覧ください。

【厚生労働省】新型コロナウイルスに係る電話相談窓口(コールセンター)

令和2年1月28日 午後6時より設置され,フリーダイヤル化に伴い,2月7日午前9時から電話番号が変更となりました。

  1. 電話番号 0120-565-653
  2. 受付時間 午前9時00分~午後9時00分

お問い合わせ先

保健福祉局 医療衛生推進室 医療衛生企画課

フッターナビゲーション