スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

令和3年度歴史的建造物等への指定支援業務の受託希望者の受託候補者の選定結果について

ページ番号284225

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年6月4日

令和3年度歴史的建造物等への指定支援業務の受託希望者の受託候補者の選定結果について

令和3年度歴史的建造物等への指定支援業務に係る公募型プロポーザルを実施した結果,以下のとおり,受託候補者を選定しましたので,お知らせします。

受託希望者

特定非営利活動法人 古材文化の会

選定した受託候補者及び評価点

特定非営利活動法人 古材文化の会 (評価点70.14点/100点)

選定理由

適切に業務を履行できると総合的に判断した。

 

 

 

令和3年度歴史的建造物等への指定支援業務の受託希望者の募集について<終了しました>

 令和3年度歴史的建造物等への指定支援業務の受託希望者の募集に関し,公募型プロポーザル方式により受託候補者を選定するため,下記のとおり,受託希望者を募集します。

1 業務の概要

⑴ 業務の目的

 京都の歴史的な町並みを構成する建造物等の所有者に対し,専門家を派遣し,建造物等の維持保全や活用に関する助言を行うとともに,歴史的風致形成建造物又は景観重要建造物(以下「歴史的建造物等」という。)への指定の可能性を判断するための調査を行う。また,歴史的建造物等の指定候補となる場合には,指定提案書の作成支援及び指定に係る意見聴取のために必要な資料を作成する。

 これにより,京都の歴史的な町並みを構成する建造物等の適切な維持管理を促進するとともに,歴史的建造物等の指定につなげることで建造物等の保全・継承を図り,優れた景観を保全・創出し,京都特有の歴史的風致の維持及び向上を図る。

⑵ 業務の内容

 建造物等の所有者に対し専門家を派遣し,建造物等の維持保全に係る助言等(以下「一次派遣」という。)を行い,歴史的建造物等の指定に必要な資料作成を支援(以下「二次派遣」という。)する。

ア 一次派遣

 (ア) 建造物等の維持保全に関する所有者への助言等

 (イ) 歴史的建造物等への指定を希望する所有者に対する建造物指定事前相談書の作成支援

イ  二次派遣

 (ア) 歴史的建造物等への指定に必要となる資料の作成

⑶ 業務の期間

委託契約日の翌日から令和4年3月31日(木曜日)まで

⑷ 委託費用の上限

5,820,000円(ただし,消費税及び地方消費税(10%)を含む。)

(内訳) 一次派遣 220,000円 , 二次派遣 5,600,000円

2 提出期限

(1)提案募集に関する質疑

   令和3年5月18日(火曜日)午後5時必着

(2)受託申込書及び提案書

   令和3年5月25日(火曜日)午後5時必着

3 受託候補者の選定について

 受託候補者の選定は,受託希望者から提出された提案書の内容に基づき,京都市都市計画局都市景観部内に設置する受託候補者選定委員会が行います。ただし,本業務を実施し得る能力に満たないと判断した場合,受託候補者を選定しないことがあります。

令和3年度歴史的建造物等への指定支援業務受託候補者選定に係る関係書類一式

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

4 質問及び回答(令和3年5月21日追加)

お問い合わせ先

都市計画局 都市景観部 景観政策課
電話:075-222-3397 ファックス:075-213-0461

フッターナビゲーション