スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「京都市建築物安心安全実施計画」の策定について

ページ番号282085

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年3月24日

お知らせ

令和3年3月24日(水曜日)

京都市都市計画局(担当:建築指導部建築安全推進課 電話222-3613)

「京都市建築物安心安全実施計画」の策定について

 京都市では,建築物における災害や事故から市民のいのちを守り,日々の安心した暮らしを確保するため,平成22年3月に策定した「京都市建築物安心安全実施計画」(以下「第1期計画」という。)に基づき,建築物の生産流通から維持管理に関わる関係団体等,学識経験者及び行政で構成する「京都市建築物安心安全実施計画推進会議」(以下「推進会議」という。)を中心に,公民の役割分担と協働の下,新築建築物と既存建築物の双方の安心安全対策を総合的・計画的に進めてまいりました。

 この度,推進会議における議論,市民意見募集の結果等を踏まえ,第1期計画を発展的に継承し,SDGsやレジリエンスといった施策横断的な視点を追加した,第2期目の計画となる「京都市建築物安心安全実施計画」(以下「計画」という。)を策定しましたので,お知らせします。

1 計画の概要

(1) 計画の基本的事項

ア 目的

  建築物の安全の確保と質の向上により,「歴史都市・京都ならではの,しなやかに強く持続可能なまち」の実現を目指す。

イ 計画期間

  令和3年度から令和7年度までの5年間

  (中長期の将来像を見据えつつ,短期(5年間)の施策を明示)

ウ 位置付け

  市民,事業者,行政,関係団体等の共通指針となる建築行政の分野別計画

(2) 計画の5本の柱

 柱1 質の高い新築建築物の供給促進

 柱2 既存建築物の安全性確保と活用促進

 柱3 歴史的なまちなみの保全と防災性の向上

 柱4 円滑な建築関係手続の推進

 柱5 事故・災害時に迅速に対応できる環境の整備

2 計画の公表

計画冊子及び計画概要版は,こちらのページからダウンロードしていただけます。

また,下の画像をクリックすると,スマートフォン,タブレット及びPCで御覧いただけるデジタルブックのページに移ります。


  【計画冊子】


  【計画概要版】

3 お問合せ先

京都市 都市計画局 建築指導部 建築安全推進課

電話:075-222-3613  FAX:075-212-3657

お知らせ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局建築指導部建築安全推進課

電話:075-222-3613

ファックス:075-212-3657

フッターナビゲーション