スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

「新町家のすすめ」の取り入れ方の実例

ページ番号277183

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年3月10日

「新町家のすすめ」の取り入れ方の実例

各新町家パートナー事業者が考える,京町家の知恵を取り入れた住まいの事例(「新町家のすすめ」の取り入れ方の実例)を紹介しています。

指針,事業者,設計者,施工者検索シート

「新町家のすすめ」の取り入れ方の実例
事例No.名称建築主(事業者)設計者施工者取り入れた指針(※)設計コンセプト・ポイント内覧
1紫野の家トヨダヤスシ建築設計事務所株式会社竹内工務店外部サイトへリンクします1,2,3,4,5

出来るだけ自然素材に囲まれて生活がしたいとのご要望を取り入れ、内装は無垢木材、藁入りの珪藻土で仕上げました。 寝室は土壁となっており、蓄熱、断熱、調湿性という優れた機能を取り入れています。材料一つ一つを丁寧に選ばれ、お施主さまのこだわりがたくさん詰まった心地の良い木と左官の空間になりました。

×
2双ヶ岡の庵空間工房用舎行蔵一級建築士事務所株式会社竹内工務店外部サイトへリンクします1,2,3,4,5

 京都市右京区に建築された、二世帯住宅の中規模のお住まいです。
外観は瓦屋根の大壁作り、窓には木格子を組み込む伝統的な様式を踏まえて設計されました。
屋根は平入の形で、大屋根と下屋屋根とガレージ・門が一体となって、大きな屋根の流れを形作り、整った外観となっています。

×
3I様邸I様株式会社棲み家外部サイトへリンクします株式会社棲み家外部サイトへリンクします1,2,3,4,5

今までに住んでおられたお住まいが非常に広々としていたので、今回の提案で「敷地のせいで狭くなった」と思って頂かないように視線の動きや光の操作をし、実際の土地の広さを超える空間を感じられるような演出にお施主様共々取り組みさせて頂きました。

×
4新築賃貸戸建住宅「ゑびす小路」株式会社八清外部サイトへリンクします有限会社スペースグラフィティ一級建築士事務所株式会社亀田工務店1,2,3,4,5

【昭和時代ににぎわった市場跡地の有効活用として計画した、新築賃貸戸建住宅】
奥行き約60m、間口約8mの市場跡地に、「路地」に沿って建ち並ぶ長屋の町家を再現。
1LDK~3LDKのファミリー向け賃貸戸建住宅としてご利用いただいています。

×
5新築京町家分譲「京つむぎ」株式会社八清外部サイトへリンクします非公表非公表1,2,3,4,5

【新耐震基準を満たす伝統構法の京町家】
主事業で行っているリノベーションでは耐震性を数字上で実証することが難しいですが,本件は限界耐力計算によって担保した安心・安全な京町家を新築することに試みています。
【一棟では再建築困難な路地奥の再開発】
再建築が困難な路地奥の土地を、既存の建物を含む一団の敷地として「連担建築物設計制度」を適用させ有効活用しました。

×

新町家の5つの指針

新町家は,伝統的な京町家を単純に模倣するのではなく,京都の長い歴史のなかで培われてきた京町家の知恵を受け継ぎながらも,時代の生活ニーズに合った,新しい京都の住宅です。

設計する際に重視すべき項目を,以下の5つの指針として整理しています。

5つの指針
指針1まちに暮らす隣地の状況を踏まえて建物配置を計画する
指針2場所になじむ地域特性や歴史を踏まえて設計する
指針3季節や自然を楽しむ季節や自然を楽しめるよう工夫する
指針4大切に使う大切に長く使い続けられるよう工夫する
指針5和の技を感じる伝統技術・技能をいかす

関連コンテンツ

「新町家」について

お問い合わせ先

京都市 都市計画局まち再生・創造推進室

電話:075-222-3503

ファックス:075-222-3478

フッターナビゲーション