スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京町家条例に基づく指定候補の情報募集について

ページ番号264322

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年2月12日

広報資料

令和2年2月12日

都市計画局まち再生・創造推進室(222-3503)

京町家条例に基づく指定候補の情報募集について

 京都市では,平成29年11月に「京都市京町家の保全及び継承に関する条例」(以下「京町家条例」といいます。)を制定しました。

 歴史や文化の象徴である大切な京町家を残していくため,京町家条例に基づき,町並みや生活文化が色濃く残っている地区や個々の京町家を指定するとともに,指定地区内の京町家や指定された個々の京町家の改修費用の補助をはじめ,様々な支援を行っています。

 この度,より効果的かつ効率的に指定を行っていくために,市民の皆様から指定候補となるような,町並みや生活文化が色濃く残っている地区や個々の京町家の情報を募集する(※)こととしましたのでお知らせします。

(※ いただいた地区や京町家の情報を基礎資料として,指定候補を検討するものであり,必ず指定をするものではありません。)


1 情報をいただく内容

以下の項目を所定の様式にて,下記連絡先まで,持参,郵送又はメールにてご提出ください。

様式は別のページからダウンロードできます。

 

情報提供をいただく内容

【地区指定・個別指定 共通事項】

1 情報提供を行った理由(表面の「例えば」に記載されたような地区や京町家であることがわかる,具体的な状況について)

2 情報提供する地区や京町家の写真(1の状況がわかるもの)

3 情報提供者名(団体等の場合は団体名及び担当者名)と住所及び連絡先

4 情報提供をしていただく地区や京町家と,情報提供者との関係  (主な情報提供者として,地区指定は地域の代表等やまちづくり活動の代表等をされている方,個別指定は京町家の所有者を想定しています)

【地区指定】

【個別指定】

5 地区の範囲と当該範囲とした理由や根拠

6 指定について,その地区内の住民の方々のご意向

7 京町家の所在地

8 指定について,建物所有者のご意向(情報提供者が所有者と異なる場合)

2 注意事項

・ 対象地域は京都市内に限ります(個別指定については,京町家条例第2条に規定する「京町家」に該当するものに限ります。)。

・ いただいた地区や京町家の情報を基礎資料として,指定候補を検討するものであり,必ず指定をするものではありません。また,情報提供をいただいた順番に検討するものではなく,指定の必要性(趣のある町並みや生活文化の状況等)を踏まえて検討を行います。いただいた地区や京町家の検討状況に関するお問合せについては,回答いたしかねますのでご了承ください。

 

参考:指定されたらどうなるの?

⇒ 修理・修景工事等の経費の一部が,改修補助の対象になります

  改修補助金については,別のページをご参照ください。

⇒ 取壊しに関する届出は,1年前までに必ずお願いします。

  届出は,できるだけ早くお悩みなどを京都市にお知らせいただくことで,京都市と事業者団体等が協力して,取り壊さずに京町家を残していく方法を提案させていただき,所有者のみなさまに検討していただくことをお願いしているものです。

  様々な方策について検討したうえで最終的に取り壊すことを制約する趣旨ではありません。

 

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局まち再生・創造推進室

電話:075-222-3503

ファックス:075-222-3478

フッターナビゲーション