スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

京都産木材の利用促進に向けた啓発絵本「家守(やもり)の木~京の杉のものがたり」の発行について

ページ番号247822

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年2月19日

お知らせ

平成29年9月27日

平成の京町家コンソーシアム(担当 都市計画局住宅室住宅政策課 222-3666)

京北の山と杉の幼木を題材にしたものがたり。木を身近に感じてほしい!との思いから生まれました。

 伝統的な京町家の知恵と現代的な技術を融合した京都型の環境配慮住宅「平成の京町家」の普及促進に取り組んでいる平成の京町家コンソーシアムでは,その一環として京都地域産木材の利用促進,木材の地産地消を通じて,持続可能な木材の循環サイクルを構築することを目指す取組を進めています。

 この度,「木のある暮らし」や「山を感じる住まい」のイメージを身近に持ってもらうことで,「身近な京都の木を使う」ことを市民の間に浸透させるため,また,京都の山まで木を見に来てもらえるようなきっかけづくりとするため,京北の山と木に関わる絵本を作成しましたので,お知らせします。

 平成29年10月1日に開催される「木育子ども縁日in壬生寺」でお披露目をします!以降,ご希望の方には送料を負担いただければ郵送いたしますので,お問合せください。

○ 本の名前と内容
  「家守(やもり)の木~京の杉のものがたり~」
  京都市内で代表的な木の産地である京北の山と木に関わる物語。「ここは京都の北の杉の里山。トントン、ザッザッ、ギコギコギコ・・・」から始まり,主人公は杉の幼木「小杉くん」です。山から里,都市への木の流れがわかるイラストマップも掲載しています。

○ 発行月,規格等
  平成29年10月,A5版20ページ(表紙込)
  発行:平成の京町家コンソーシアム
  企画監修:平成の京町家コンソーシアム地域産木材利用小委員会
  作:ふぇいらん 絵:もりわきのぶこ

○ 配布場所等
  御希望の方は,京都市住宅政策課までA5サイズが入る返信用封筒(205円分の切手を貼付)を送付いただければ,絵本を送付いたします。
  また,平成29年10月1日(日曜日)以降に開催される,木に関わるイベント等での配布も予定しています。  
  ※2部以上の送付は,お受けできない場合もありますので必ずお問合せください。

<参考:完成お披露目について>
 平成29年10月1日(日曜日)に開催される「木育子ども縁日in壬生寺」においてブースを出展し,午後2時から絵本の配布及びミニコンサート等を行います。
 【内容】
 ・絵本の配布
 ・絵本の朗読,「家守の木」オリジナルソングなど,木を楽しむミニコンサート

 ※「木育子ども縁日in壬生寺」イベントの概要
  ~木育とは,一体どうゆうもの?~木を通じて,子どもから大人まで楽しむ生涯アクティビティとしての木育,それを学ぶ,知ることがスタートしました。全国初のお寺での開催となる木育を学ぶイベントです。
  日時:平成29年10月1日(日曜日)午前10時~午後4時
  場所:壬生寺(市バス「壬生寺道」下車,坊城通りを南へ徒歩約4分)
  ※会場に駐車場はありませんので,公共交通機関でお越しください。
  参加費・申込:不要
  主催:京都・木育はぐくみ委員会 京都府産木材利用推進協議会
  問合せ:京都府木材組合連合会(075-802-2991)
  

  前日にはフォーラムも開催されます。詳細はチラシを御覧ください。

  

<参考 平成の京町家コンソーシアムについて>
 ・「平成の京町家」の供給及び普及を担う京都の事業者,団体,学識経験者及び行政等が,英知の結集と協力・連携体制の強化を図ることにより,「平成の京町家」の普及及び流通の促進と更なる研究開発を進め,広く市民に情報発信することを目的に,平成22年8月に設立された団体です。
 ・現在の会員数は68者で,住宅・建設関連の事業者・団体,エネルギー供給事業者,報道機関,金融機関,学識経験者及び京都市等が参加しています。

 

 

 

お知らせ資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局住宅室住宅政策課

電話:075-222-3666

ファックス:075-222-3526

フッターナビゲーション