スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】平成30年度秋季建築物防災週間における取組の実施について

ページ番号241868

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年8月24日

広報資料

平成30年8月24日

都市計画局(担当:建築指導部建築安全推進課 電話:075-222-3613)

平成30年度秋季建築物防災週間における取組の実施について

 建築物に関連する防災対策を推進するため,毎年2回,建築物防災週間として様々な取組が全国的に実施されています。

 京都市においても,建築物の適正な維持管理による安全の確保,建築物の所有者や管理者等の防災意識,安全管理意識の高揚及び建築物における事故予防の注意喚起を目的として,以下の取組を行いますのでお知らせします。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

1 平成30年度秋季建築物防災週間の期間

平成30年8月30日木曜日~9月5日水曜日

2 取組内容

(1)防災査察の実施

ア 査察実施日

 8月31日金曜日及び9月3日月曜日の2日間。

イ 査察対象建築物

 中京区及び下京区の繁華街に立地する中高層の建築物を中心に15件程度実施します。

ウ 査察内容等

 建築物の外壁や屋外広告物等の状況を目視で確認し,必要に応じて改善指導等を実施します。

エ 査察体制

 都市計画局建築指導部の職員が実施します。

(2)建築物の防災対策に関するその他の取組

ア ブロック塀等の安全対策に関する取組

 ブロック塀等の安全対策に関する普及啓発を実施します。

 なお,平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震で,ブロック塀の安全性が社会問題化したことを契機に,京都市では,ブロック塀等の安全対策に係る支援制度を創設し,ブロック塀等支援窓口にて受付を行っているところです。

 

【ブロック塀等の安全対策に係る支援制度】

・ブロック塀等の除却工事の費用に対する助成制度 →詳しくは,こちら

・ブロック塀等の点検に係る専門家派遣制度 →詳しくは,こちら

 

イ 既設エレベーターの防災対策に関する取組

 平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震により,多数のエレベーターにおいて閉じ込め事故が発生しました。これを受け,京都市では,既設エレベーターの所有者等に対し,事故の啓発及び既設エレベーターへの地震時管制運転装置の設置を呼びかける記事を京都市情報館のホームページに掲載します。

 【URL】https://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000241833.html

 ※9月3日月曜日にアップ予定です。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局建築指導部建築安全推進課

電話:075-222-3613

ファックス:075-212-3657

フッターナビゲーション