スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

平成30年度歴史的資産周辺の景観情報(プロファイル)の充実業務の受託希望者の募集について(更新:質問及び回答追加)

ページ番号238780

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年7月20日

平成30年度歴史的資産周辺の景観情報(プロファイル)の充実業務の受託候補者の選定結果について

平成30年度歴史的資産周辺の景観情報(プロファイル)の充実業務に係る公募型プロポーザルを実施した結果,以下の通り受託候補者を選定しましたのでお知らせいたします。

参加した事業者及び評価点

特定非営利活動法人 京都景観フォーラム(評価点 82.60点/100点)

株式会社ダン計画研究所(評価点78.97点/100点)

 

選定事業者

特定非営利活動法人 京都景観フォーラム

 

 

~~~~~~~~~~以下,公募時の内容~~~~~~~~~

平成30年度歴史的資産周辺の景観情報(プロファイル)の充実業務の受託希望者の募集について<終了しました>

 平成30年度歴史的資産周辺の景観情報(プロファイル)の充実業務の受託希望者の募集に関し,公募型プロポーザル方式により受託候補者を選定するため,下記のとおり受託希望者を募集します。

1 業務の概要

⑴ 業務の目的

   本業務は,寺社等を中心とする「歴史的景観の保全に関する具体的施策」において,市民や事業者等の十分な理解のもと,レビュー制度を円滑かつ効果的に進めるために作成した「歴史的資産周辺の景観情報(プロファイル)」の充実を図るため,地域ならではの情報や住民の思いを反映させるための取組を行い,ひいては,地域住民の景観づくりに関する関心・機運の向上に繋げることを目的とします。

⑵ 業務の内容

 本市では,レビュー制度の対象地域となる27箇所のエリアにおいて,事業者等と円滑に協議するうえで共有すべき情報の拠りどころとなる資料として,歴史的資産の価値や特徴,周辺の景観特性等を分かりやすく整理した「歴史的資産周辺の景観情報(プロファイル)」を平成29年度に作成した。

 本業務では,プロファイルを作成した27箇所の歴史的資産周辺において,地域住民との協働による景観づくりを進めるため,ワークショップやまち歩きなどの取組を通じ,その地域固有の歴史的資産の特徴,まちの成り立ち,歴史,文化等といった地域ならではの情報や地域住民の思いなどの情報について,必要に応じて加筆,調査,調整したうえで取りまとめ,歴史的資産周辺の景観情報(プロファイル)に反映させる。

⑶ 業務の期間

委託契約日の翌日から平成31年3月29日まで

⑷ 委託費用の上限

3,500,000円(ただし,消費税及び地方消費税を含む。)

2 提出期限

(1)提案募集に関する質疑

   平成30年6月22日(金曜日)午後5時必着

(2)参加申込書及び提案書

   平成30年7月2日(月曜日)午後5時必着

3 受託候補者の選定について

 受託候補者の選定は,受託希望者から提出された提案書の内容に基づき,京都市都市計画局都市景観部内に設置する受託候補者選定委員会が行います。ただし,本業務を実施し得る能力に満たないと判断した場合,受託候補者を選定しないことがあります。

 

 

質問及び回答(最新情報)

質問及び回答

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局都市景観部景観政策課

電話:(1)075-222-3397,(2)075-222-3474 【受付時間】午前8時45分~11時30分,午後1時~3時 (事業者のみなさまからのお問い合わせは受付時間内でのご協力をお願いします。)

ファックス:075-213-0461

フッターナビゲーション