スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

「景観政策の進化」に伴う屋外広告物の色彩基準の明文化について

ページ番号102016

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年2月15日

「景観政策の進化」に伴い,京都市屋外広告物等に関する条例施行規則を改正しました。(平成23年4月1日から実施済)

 京都市では,歴史都市・京都に相応しい景観の保全と創造を目指し,景観政策に対する市民の皆様や事業者の方々の御意見を踏まえ,これまでの基本的な枠組みは維持しつつ,景観政策を進化させる取組を行いました。

 この「景観政策の進化」に伴い,平成23年4月1日に,京都市屋外広告物等に関する条例施行規則を改正し,屋外広告物の色彩基準について,これまで運用してきた地域特性に応じた基準に基づき,明文化しました。

色彩基準の概要

1 下地等(※1)の基準

⑴ 原則として,マンセル値(※2)の彩度が地域ごとに定める数値を超える色(規制対象色)については,使用できる面積割合を地域ごとに定めています。


(例)第2種地域の場合,彩度の高い色を表示できる面積割合は20%未満になります。

規制対象色
 規制地域色相がRである色色相がYRである色
色相がYである色
色相がGY,G,BG,B,PB,P又はRPである色
 第1種地域,第2種地域,第3種地域,沿道型第1種地域,沿道型第1種地域特定地区,沿道型第2種地域,沿道型第2種地域特定地区,沿道型第3種地域特定地区,歴史遺産型第1種地域及び歴史遺産型第2種地域 6 6 4 2
 第4種地域,第5種地域,第6種地域,第7種地域,沿道型第3種地域,沿道型第4種地域,沿道型第4種地域特定地区,沿道型第5種地域,沿道型第5種地域特定第1地区,沿道型第5種地域特定第2地区,沿道型第6種地域及び木屋町特別規制地区 6 8 8 8
規制対象色を使用できる面積割合
 規制地域 面積割合
 第1種地域,第2種地域,第3種地域,沿道型第1種地域,沿道型第1種地域特定地区,沿道型第2種地域,沿道型第2種地域特定地区,沿道型第3種地域特定地区,歴史遺産型第1種地域及び歴史遺産型第2種地域 20%未満
 第4種地域,第5種地域,沿道型第3種地域,沿道型第4種地域特定地区及び沿道型第5種地域特定第1地区 30%未満
 第6種地域,第7種地域,沿道型第4種地域,沿道型第5種地域,沿道型第5種地域特定第2地区,沿道型第6種地域及び木屋町特別規制地区 50%未満

 

⑵ 第1種地域,歴史遺産型第1種地域及び歴史遺産型第2種地域については,マンセル値の彩度が次に掲げる数値を超える色は使用できません。
色相がY又はYRである色 10
色相がR,GY,G,BG,B,PB,P又はRPである色 8

※1:「下地等」とは,表示面のうち,文字又は記号(以下「文字等」という。)を除く部分をいいます(地色や,図形,文字等の背景色,写真やイラストの部分等が該当します。)。

※2:マンセル値とは,色彩を表す3属性である色相(色合い),明度(明るさ),彩度(鮮やかさ)による数値表現方法の一つです。

2 例外について

 次に掲げるものは,1にかかわらず,表示することができます。
⑴ 伝統的な意匠の建築物と調和した和風の意匠ののれん
⑵ 表示が,公益,慣例その他の理由によりやむを得ないもので景観上支障がないと認められるもの
⑶ 低い位置に付けられる小さなもの(次の基準を満たすこと。)
例外の基準
規制地域  基準
 第1種地域,歴史遺産型第1種地域及び歴史遺産型第2種地域⑴ 最上部の高さが4m以下であること。
⑵ 1の立面(独立型屋外広告物にあっては区画。以下同じ。)における最上部の高さが4m以下の屋外広告物(※)の規制対象色を使用する面積(以下「規制対象面積」という。)の合計が0.5㎡以下であること。
 第2種地域,第3種地域,沿道型第1種地域,沿道型第1種地域特定地区,沿道型第2種地域,沿道型第2種地域特定地区,沿道型第3種地域特定地区,沿道型第4種地域特定地区,沿道型第5種地域特定第1地区⑴ 最上部の高さが4m以下であること。
⑵ 1の立面における最上部の高さが4m以下の屋外広告物(※)の規制対象面積の合計が1㎡以下であること。
 第4種地域,第5種地域,第6種地域,第7種地域,沿道型第3種地域,沿道型第4種地域,沿道型第5種地域,沿道型第5種地域特定第2地区,沿道型第6種地域及び木屋町特別規制地区⑴ 最上部の高さが4m以下であること。
⑵ 規制対象面積が1㎡以下であること。
⑶ ほかの屋外広告物に隣接していないこと。
(※)1を満たすもの又は上記⑴若しくは⑵に該当するものは除きます。

3 その他

なお,これらに適合する場合であっても,建築物等及び周囲の町並みの景観と不調和であるものは表示できませんので御注意ください。

改正後の京都市屋外広告物等に関する条例施行規則

「景観政策の進化」施行後の規則については,こちらを御覧ください。

景観関連条例・基準集(市街地景観課の景観関連条例・基準集のページへリンク)

お問い合わせ先

都市計画局 屋外広告物適正化推進室
電話: 075-708-7690 ファックス: 075-251-2877

フッターナビゲーション